『ポツンと一軒家』出演者の“引退発表”が波紋! 「番組の雰囲気が変わりそう」と視聴者不安のワケの画像1
『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)公式サイトより

サイゾーウーマンより】

 3月14日に放送されたバラエティ番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)。この日は、熊本県の山頂付近にある一軒家を訪れ、そこで暮らす人の生活に密着していた。

 番組スタッフも思わず「めちゃくちゃ急な、すごい坂」と口にするほどの急勾配に建てられていた、今回の一軒家。そこで一人暮らしをする男性は、5年ほど前に父親が入院したのを機に、引っ越してきたのだという。

「毎週、高視聴率を叩き出している同番組ですが、この放送も15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。ネット上でも、『ああいう大自然の中で暮らしてみたい』『見ててほのぼのするわ~』といった、ポジティブな感想が多く見られました。一方、同日にニュースサイト『週刊女性PRIME』が、同番組でナレーション出演している声優・キートン山田の“引退”について報じ、一部視聴者から不安の声が上がっているんです」(芸能ライター)

 『ポツンと一軒家』のほかにも、アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)などのナレーションでも知られるキートン。「週女」のインタビューを受けたキートンは、10年前から引退を決めていたと明かし、今後は「野菜づくりに励む」と語っていた。

「『ポツンと一軒家』『ちびまる子ちゃん』ともに、3月28日の放送が最後の出演になるようです。この引退を知り、ネット上では『キートンさんの声が聞けなくなるのは正直寂しい。ただ、自分で引退を決められるのは素晴らしいことだと思う』『お声が聞けなくなるのは残念ですが、これからの人生も輝きますように。本当にお疲れ様でした!』といったねぎらいの声がある一方、『「ポツンと」も「まる子ちゃん」も、キートンさんのナレーション以外考えられないなあ……』『番組の雰囲気がガラッと変わっちゃいそう』など、不安を感じる視聴者も少なくないようです」(同)

 番組“おなじみの声”が変わることは、視聴者に大きな違和感を与えることになるという。

 続きを【サイゾーウーマン】で読む

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合