NEW

矢口真里の夫、活動活発化の裏事情…8年前の不倫騒動“暗躍人物”の動向が影響?

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 当時、メディア対応からアップフロント側とのやり取りまでを一手に引き受けていたのが、当時ワタナベエンタの役員だったXさんでした。Xさんは普段から、人の弱みに付け込んで駆け引きをするやり口が業界では有名でしたが、大手事務所所属でもなかったモデルの梅田さんは、これで芸能界で生きていく道は閉ざされてしまった。何をするにもXさんに邪魔されてしまうからです」

 そのX氏といえば昨年、自身がプロデュースを手掛けた所属タレントへ不適切な行為を働いていたと報じられた。

「この件でX氏はワタナベエンタの役員を解任となり、すでに事務所も退社したとみられています。梅田さんが徐々に動けるようになったのは、X氏がいなくなったというのも大きな要因でしょう」(別の業界関係者)

 不倫といえば今月、「女性セブン」(小学館)で“卓球の愛ちゃん”こと卓球女子の五輪メダリストである福原愛の不倫疑惑が報じられ、世間を騒がせている。矢口は13日放送の『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)に出演し、この件について次のようにコメントした。

「夢中になっちゃうと、周りが見えなくなるんですよ。多分そういうふうなところに行っちゃったのかなという感じはします」

「本人たちしか知らないことが、たくさん(報道で)出てるじゃないですか。私的にはこの“嫌なラリー”は今すぐにでもやめたほうがいいなと思います。(離婚)裁判をするのなら」

 これが経験に基づいた“含蓄のあるコメント”として話題を呼んだが、不倫騒動から約8年が経過した矢口・梅田夫妻。世間から“禊はもう終えた”とみなされるのか――。梅田さんのブログから目を離せない。

(文=編集部)

 

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合