【確認中】ご当地ナンバーの悲劇…かつての「沼津」帝国が風前の灯火、「伊豆」「富士山」の独立宣言の画像1
東京2020オリンピック・パラリンピックの特別仕様ナンバープレート。都営バスなどに装着されているのは、よく見かけるのだが。

 自動車に必ず取り付けられているナンバープレート。厳密には自動車登録番号標と車両番号標、標識の3つに区別されている。自動車登録番号標は登録自動車、車両番号標は軽自動車や自動二輪車など、標識は小型特殊自動車や原動機付自転車(原付)に装着される。

 近年、ナンバープレートは変革期を迎えている。乗用は黄地しかなかった軽自動車のナンバーが白地を選択できるようになり、図柄入りのプレートも新たに登場した。ただ、これらはあくまでも国土交通省が主導する範囲の変革であり、自由度も限定的。魅力と感じる自動車ユーザーは多くはないだろう。

 顕著に表れているなのが、いわゆる「図柄ナンバー」だ。東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を記念したロゴ入りプレートなども登場したが、バスなど公共交通用の車両くらいしか装着されているのを目にしない。

 地方版の図柄入りプレートも登場したが、人気があるのは「くまモン」が入った「熊本」ナンバーや、広島東洋カープのロゴが入った「福山」ナンバーくらい。2021年2~3月にも「日本を元気にするような」デザインが新たに募集されているが、そもそもナンバープレートごときで国が元気になるとはとうてい思えない。

【確認中】ご当地ナンバーの悲劇…かつての「沼津」帝国が風前の灯火、「伊豆」「富士山」の独立宣言の画像2
「くまモン」の「熊本」ナンバーと、「カープ坊や」の「福山」ナンバーは選択するユーザーが比較的多い。

46地域で導入済みも、「地域振興」にイマイチ寄与していないご当地ナンバー

 さらに迷走を続けているのが、「ご当地ナンバー」だ。「新たな地域名表示ナンバープレート」の通称で、2006年10月から導入された。「一般に広く認知された地域であること」「複数の市区町村の集合であること」「登録されている自動車の数が10万台を超えていること」など、いくつかの条件がある。2006年10月の「仙台」「金沢」など17地域を皮切りに、2007年2月に「つくば」、2008年11月に「富士山」が追加された。

 しかし、2014年には単独の市区町村でも10万台を超えていれば可能になり、2017年5月の追加募集では、複数の市区町村であれば登録台数が5万台超に下げられた。そのため2014年11月には「盛岡」「世田谷」など10地域、2020年5月に「伊勢志摩」「飛鳥」など17地域が加わった。現在では計46地域で導入されている。

【確認中】ご当地ナンバーの悲劇…かつての「沼津」帝国が風前の灯火、「伊豆」「富士山」の独立宣言の画像3
2020年5月より新たに加わった、17の「ご当地ナンバー」。

 ご当地ナンバーの問題点はいくつかある。そもそもの導入経緯である「地域振興」にまったく寄与していないこと、より小さな地域単位となったことで、所有者のプライバシーが侵害されることなどだ。

 なによりご当地ナンバーが罪深いのは、旧来のナンバーに魅力を考えていた人も、強制的にご当地ナンバーにしなければならないということだ。ご当地ナンバーの対象地域は、新たに車を購入・登録するとき、ご当地ナンバーを装着することが必須となっている。世田谷区民が新しく車を買っても、「品川」ナンバーにはできないのだ。

 しかし、導入から約15年が経過したにもかかわらず、旧来のナンバーとの選択制だと思っている人が少なくない。これまでのナンバーが装着された車を乗り続けることはできるが、買い換えればご当地ナンバーが強制される。数字部分が選べる「希望ナンバー」とは根本的に違うので、勘違いしないようにしたい。

 そして、多くの地域が導入したことで、既存ナンバーのなかに“割を食う”ところも出てきた。以下、カバーするエリアが激減してしまった“悲劇のナンバープレート”を4地域、紹介してみたい。今後もご当地ナンバープレートは増えていきそうな情勢のため、かつてはありふれていたナンバープレート名がレア物になることも、あり得るかも知れない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合