生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモが5G基地局の配備で韓国・サムスンとタッグを組むことが明らかとなった。これまでドコモはスマートフォンキャリア最大手でありながら、au・ソフトバンクといったライバルに5Gの普及エリアで一歩リードされていた。今回、韓国国内で5Gの通信網を整備した実績をもつサムスンのノウハウを取り入れることで、先行する2社にどこまで迫っていけるだろうか。また、つい最近「LINE」で国外での運用が発覚し“国内回帰”の機運があるだけに、設備を導入するだけとはいえ国外の技術に頼ることへの批判が噴出する可能性も否定できない。
今回は、覇権奪還の策に打って出たドコモの決断の是非について考えていきたい。

ドコモがサムスンの技術導入を発表

ドコモ、タイミング最悪!? 5G普及にサムスン指名も、LINE問題で“外国排斥”の風の画像1
(Image:TK Kurikawa / Shutterstock.com)
キャリア最大手のドコモが5G普及に本気を出しはじめた[/caption]

 サムスンは23日、ドコモへ5G基地局を供給する契約を結んだことを明らかにした。報道によればサムスンは日本のNECと共同開発した通信設備をドコモに供給していたつながりもあり、今回はサムスン単独での開発となるという。

 実はドコモは3大キャリアの中では最も5Gの整備が遅れている。その理由は、au・ソフトバンクが進める「既存の4Gの通信基地局を5Gに転用した、4G…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合