【完了・早めで】メジャーリーガーたちのセンバツ…大谷翔平&山口俊、屈辱をバネにプロで飛躍の画像1
「photo AC」より

 熱戦が連日続く、令和最初の春の選抜高等学校野球大会(通称:センバツ)。そのセンバツにちなんで、今回は現在メジャーリーグに在籍する8人の日本人選手のうち、過去にセンバツに出場経験のある7人の大会でのプレーぶりをフィーチャーしたい。なかには大活躍してプロへの扉を開いた選手もいれば、屈辱を味わった結果、そこから這い上がった選手もいて、まさに明と暗がくっきりと分かれているのだ。

前田健太(ミネソタ・ツインズ)

 まずは“明”の1人目。今季、メジャーで初の開幕投手に抜擢された前田健太(ミネソタ・ツインズ)である。その右腕が初めて全国に轟いたのは大阪の名門・PL学園高校のエースとして出場した2006年の大会だった。

 初戦からマエケンの右腕はうなりを挙げた。真岡工業高校(栃木)相手に毎回の16奪三振をマーク。チームも9-1と余裕の大勝発進を飾る。続く愛知啓成高校との試合は一転して投手戦となるも、被安打5、奪三振9の快投で1-0。見事な甲子園初完封勝利だった。準々決勝の秋田商戦ではホームスチールを決めるなど走攻守の活躍をみせ、4-1で勝利。PL学園は1999年以来、7年ぶりのベスト4進出を決めたのだった。

 迎えた準決勝。勝てば1987年以来、実に19年ぶりの決勝進出となるところだったが、マエケンの右腕は思わぬ乱調に陥ってしまう。清峰高校(長崎)相手にまさかの6失点で途中降板し、0-6で無念の敗退となってしまったのだ。それでも、名門PL学園のエースとしての実力を日本中の野球ファンに見せつけたのであった。

有原航平(テキサス・レンジャーズ)

 2人目は今季からテキサス・レンジャーズに所属する有原航平だ。2010年に広島の強豪・広陵高校のエースとして出場した。初戦の立命館宇治高校(京都)戦は7-6と打撃戦の末の勝利となったが、自責点はわずか1点。2失策に2暴投、さらに自身が8四死球と乱れたことが苦戦した要因だった。それでもこの試合で13奪三振をマークし、実力の片鱗をのぞかせている。

 覚醒したのは2回戦からだった。宮崎工業高校戦では被安打2、奪三振10の好投で1-0の9回サヨナラ勝ちを呼び込むと、準々決勝の中京大学附属中京高校(愛知)戦でも8回3分の1を投げて被安打4、奪三振7、自責点0の好投。5-1と快勝し、ベスト4進出を決めたのだった。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合