能見篤史(オリックス・バファローズ)

 この大阪桐蔭の落選は、その理由が理解できなくもない。だが、現在オリックス・バファローズで投手コーチを兼任する能見篤史も選考の結果、チームが補欠校となってしまったパターンだが、その理由が不明瞭だ。

 高2だった1996年秋。能見は鳥取城北高校のエースとしてチームを県大会優勝に導いた。続く秋の中国大会もベスト4進出。当時の中国地区の出場枠は3校だったため、準決勝敗退の2校は当落線上にあった。

 だが結果は、同じベスト4敗退組の岡山南高校が総合力でわずかに上回ると判断され、鳥取城北は惜しくも補欠校に回ったのである。選ばれた岡山南は準決勝で西京高校(山口)に3-4、落選した鳥取城北も豊浦高校(山口)に1-3と、どちらも惜敗だったが、決勝戦で西京が豊浦に10-5で快勝した点も鳥取城北には不利に働いたワケだ。

 ちなみに、このときの能見は、水戸商高校(茨城)の井川慶(元阪神など)、平安高校(現龍谷大平安=京都)の川口知哉(元・オリックス)とともに“高校生左腕三羽カラス”と称されるほどのプロ注目の投手だった。その能見を持ってしても、アピール不足だったのである。

 よく「春がダメでも夏がある」と言われる。だが、ここで紹介した6選手全員、最後の夏も予選で敗退しているのだ。それでもプロの世界では圧巻の活躍をみせている。甲子園を逃した悔しさをバネに飛躍したワケだ。たとえ甲子園に出場していなくても、自分次第でプロの世界で一流選手になれることを証明してくれている。

(文=上杉純也/フリーライター)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合