生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

株式会社ビズヒッツの行なった調査によると、実に80%もの人が仕事に集中できない時があると感じていることが分かった。その理由として挙げられた上位には「プライベート」、「音」といった原因が並びその1位は…。
今回はこの調査結果から見えてくる、社会情勢と集中力持続の関係性と今後の変化について予測していきたい。

およそ80%の人が仕事に集中できていない現代社会

 株式会社ビズヒッツでは、「仕事に集中できない理由」について働く男女500人を対象に調査を行なった。その中で、「あなたは仕事に集中できないときがありますか?」という項目に関して、「よくある」と答えた人は17.4%、「たまにある」と答えた人は63.6%となり、およそ8割以上の人たちが「仕事に集中できない」という感情を抱く時間があることが判明した。 仕事に集中できないことがあると答えた人に対してその理由を調査したところ、1位が「体調に問題がある」(136人)、2位に「プライベートに気をとられている」(103人)、3位に「音が気になる」(58人)という結果が挙げられていた。  1位に挙げられた睡眠時間や疲労度などの体調問…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合