あとは具材と調味料を乗せたアルミホイルをオーブントースターに入れて、13~15分くらい焼けば出来上がりです。温度設定は200度前後くらいでしょうか。肉の生焼けや半焼けは危険なのでNGですが、あまり長く焼きすぎると肉が固くなってしまうので、ちょうどよい時間に設定するのがポイントです。何分にするかは室内の温度や個々のオーブントースターによって変わってくるので、2~3回つくってみるなかで、最適な時間を探ってみてください。また、オーブントースター内部を予熱で温めておいて、10分くらいで焼く感じにすれば、より肉が柔らかくなるでしょう」(同)

 また、オーブントースターを使う方法には、もうひとつメリットがあるという。

フライパンで炒める場合、その間はフライパンを振ったり焦げないように注意して、基本的にずっとその前から離れることができませんが、オーブントースターで焼いている間は手が空くので、その間に調理器具やお皿の洗い物などをしたりできるのも、嬉しいですね。もちろんフライパンを洗う手間からも解放されます」

“おうち時間”が長い今、いろいろな炒め物をオーブントースターで試してみるのも、いいかもしれない。

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合