退所の岩橋玄樹、キンプリ内での完全孤立…活動休止中の「飲み歩き」、事務所も問題視かの画像1
ジャニーズ事務所

 持病の治療のため、2018年11月から活動休止に入っていた人気グループ・King & Prince(キンプリ)の岩橋玄樹が、3月末をもってジャニーズ事務所を退所すると発表された。キンプリも脱退する。2年5カ月におよんだ活動休止期間を経てジャニーズを去る決断に至った岩橋だが、スポーツ紙記者はいう。

「昨年の後半くらいからは、岩橋に関する情報は入ってこなくなっていました。ただ、事務所スタッフが連絡してもレスポンスが遅くなっているという話や、連絡しても返信がないという話は聞こえてきていました。もともとキンプリとして活動中も他のメンバーたちとは、しっくりいってなかったというのは有名な話なので、“もう復帰はないだろう”という空気があったことは事実ですね」(スポーツ紙関係者)

 実は岩橋には一時、活動再開の光が見えたこともあった。2年前の19年2月、活動再開が発表されたのだが、多くのファンが喜んだのもつかの間、11日後には活動再開が取りやめになることが発表されていたのだ。

「活動再開発表直後に警察沙汰を起こしていたことを『週刊文春』(文藝春秋)がスクープ。『文春』によれば、知人たちと酒を買おうと入ったコンビニ店内で店員と口論となり、警察がかけつけ岩橋がパトカーで署まで連行されたということでした。警察沙汰を起こしたことだけでも相当問題なのに、活動休止明け直後とタイミングも最悪。この1件で、事務所としては“復帰はない”という判断に傾いたといわれています」(週刊誌記者)

 また、スポーツ紙記者はいう。

「岩橋は活動休止中も知人らと頻繁に飲みに行く様子が目撃されており、そうした情報は自然と事務所幹部の耳にも入る。特に昨年以降は酒の量がかなり増え、いつかキンプリのグループとしての活動に悪い影響をおよぼす事態を起こしてしまわないかと、事務所は危惧していたようです。本人は海外に興味があることから『留学しようかな』と周囲に話すこともあり、このままグループを脱退して事務所退社という流れは既定路線だとみられていました」

 ジャニタレでは、岩橋と同じく病気の治療のために18年11月より活動休止に入っていたSexy Zoneの松島聡が、昨年8月に活動を再開。ファンクラブサイトで中島健人、佐藤勝利、菊池風磨、マリウス葉の4人に拍手で迎えられる動画が公開され、復帰を待ち続けたファンたちからは歓迎の声があふれた。

「セクゾは21年に結成10周年を迎えるため、松島が復帰しグループとしての祭典を開催できることに事務所関係者たちは安堵した。松島と岩橋の違いは、やはりメンバーが本気で復帰を待っていたかどうかという点でしょう。岩橋は活動休止に入る前から、完全にグループ内で孤立していましたからね」(スポーツ紙関係者)

「ジャニーズの一部幹部から煙たがられていた」(業界関係者)ともいわれる岩橋だが、今後、どのような道を歩むのだろうか。

(文=編集部)

 

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合