加藤浩次、近藤春菜の卒業で『スッキリ』内で孤立か…生放送で進行無視、吉本クビの真相の画像1
加藤浩次(「Wikipedia」より)

 加藤浩次が“弱音”を吐いたのは、3月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)のエンディングのことだった。この日をもって、サブMCとして活躍してきたハリセンボン・近藤春菜が卒業。新たな門出を迎える近藤に“はなむけ”の言葉を贈っていた加藤は、あろうことか、最後にこんなお願いをする。「春菜の番組ができたりしたら、ちょっと呼んで」と――。

 吉本興業への反骨心を見せるなど、ストロングスタイルを貫き通してきた孤高の男が見せた、気弱な一面。それは、単なる思い違いなのだろうか?

重要だった近藤春菜の役割

「ワイドショーで特に多いケースが、卒業するコメンテーターが『この曜日、空いたので別の番組に呼んでください』と業界人に冗談交じりでお願いするというもの。これは冗談のように見えて本気。ワイドショーのギャラは意外に高いし、生放送だから稼ぐには効率がいいんです。しかし、今回の加藤のように去りゆく者に『番組に呼んで』と言う人は、あまり見たことがない。一瞬、加藤の“小ボケ”かなとも思ったのですが、妙に切実に言っていたのが気になりました」(テレビ局関係者)

 さらに、加藤は近藤の『スッキリ』での存在の大きさについて、こんなふうに力説していた。

「僕が春菜を守ってやってきたと思ってたけど、いろいろ考えていたら、相当、春菜に守られてたなと思って。何か俺が言ったことに関して全部コメントで返してくれて、わかりづらい言葉、言葉が足りないこととか、俺が言ったことに関してフォローしてくれたりとか、本当に助かってた」

 近藤は、そこまで『スッキリ』において重要な役割を果たしていたのだろうか?

「そうですね。まず、加藤に対して鋭くツッコミを入れて笑いに変えることができたのは、直属の後輩だった春菜だけです。さらに、彼女は加藤の発言だけでなく、他のコメンテーターの話やVTRに出てきたことなどもうまく拾いつつ、コメントしていました。

 誰も先行きが見通せないコロナ禍では、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のコメンテーターで局員の玉川徹氏のように『~するべきだ』という言い方のほうが、反発はありますが、支持もされる。しかし、そんな中にあっても、春菜は黒か白かという極端な物言いではなく、こう思っているけど、一方でこう考えてしまうという“迷い”も正直に吐露するスタイルでした。さらに、何よりコメントに弱者への優しさがありました」(同)

 確かに、加藤から信頼されていたからか、『スッキリ』で近藤は「春菜、どう思う?」と意見を求められることが多かった。

 そんな2人のやり取りは、2019年夏の闇営業騒動のときも話題となった。

「『大崎会長と岡本社長が辞めないなら僕は辞める』と加藤が退社覚悟で経営陣の刷新を訴えれば、春菜も『加藤さんであったり、直接の先輩方が、こんな、こんな究極の話をメディアでさせてるんだということを会社の方は感じてください』と涙ながらに変革を求めていました」(芸能ライター)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合