NEW

ファミマ、おススメできない商品4選!餃子・竜田揚げはコスパ最悪、豚汁は不評続出

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

ファミマ、おススメできない商品4選!餃子・竜田揚げはコスパ最悪、豚汁は不評続出の画像1

 2021年2月末時点で日本国内に1万6646店舗を構え、コンビニエンスストアチェーン国内第2位の店舗数を誇るファミリーマート。さまざまな業界に影を落とす新型コロナウイルス感染症の悪影響はファミマにも及んでおり、既存店の日商は前年同月との比較で減少傾向にある。

 株式会社ファミリーマート発表の月次営業報告によれば、1都3県などが緊急事態宣言下にあった2021年2月の既存店日商は前年同月比で93.6%、全店の売上高は91.6%とそれぞれ減少。客単価は108.2%と増加しているものの、客数は86.5%と大きく数字を落としている。だが、2月後半からは客足が増加し、売り上げも回復し始めたようなので、今後どのような手を打ち、売り上げを取り戻していくのか注目したいところだ。

 コロナ禍の苦境に負けじと、ファミマでは続々と新商品が登場している。最近では3月2日に登場した新たなホットスナック「クリスピーチキン」シリーズが、有名俳優を起用したテレビCMなどで大々的に宣伝した効果もあって、全国的に品薄となるほどの人気を集めている。

 しかしながら、なかには商品開発の熱意こそ感じられるものの、消費者のニーズと嚙み合っていないような、ガッカリ商品もラインナップされてしまっている。そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は数あるファミマ商品を独自にリサーチし、「この春、買ってはいけないファミリーマート食品」を4つセレクトした。

7種野菜が摂れる豚汁/398円(税込、以下略)

ファミマ、おススメできない商品4選!餃子・竜田揚げはコスパ最悪、豚汁は不評続出の画像2

7種野菜が摂れる豚汁」は、たびたびリニューアルされているファミマの定番商品。玉ねぎ、人参、大根、ごぼう、白菜、水菜、白ねぎの7種類の野菜に加え、こんにゃく、油揚げ、豆腐、豚肉が食材に使われている具だくさんな豚汁なのだが、ネット上では不満の声も寄せられている。

 問題点としてよく挙げられているのは、食材のクオリティについて。各具材のボリュームは統一されておらずまちまちで、今回購入した商品がたまたまそうだっただけかもしれないが、特に水菜は切れ端が少し入っている程度と、かなり少なかった。メインである豚肉の量も少なく、さらにチルド豚肉特有のニオイが若干悪目立ちしてしまっているなど、満足度は低い。

 汁には米と豆、麦の3種の食材の合わせみそと、熟成甘みそが使われているのだが、かなりしっかりと味つけされているため、薄味が好みの人には不向き。逆に濃い味が好みの人は、一度購入してみるのもアリだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合