NEW

IKEA、買うにはリスキーな5商品…甘すぎるグミ、ふたがズレまくるケーブルボックス

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , ,

IKEA、買うにはリスキーな5商品…甘すぎるグミ、ふたがズレまくるケーブルボックスの画像1

 スウェーデン生まれのIKEAは、世界各国のさまざまな地域に出店している世界最大の家具チェーンだ。日本へは1974年に一度進出したものの1986年に撤退。現在に続く成功を収めたのは、2006年のIKEA船橋(現IKEA Tokyo-Bay​)開店に始まる再進出後のことである。

 日本でも「家具に第二の人生を与える」ことをコンセプトに掲げた、中古家具の買取・販売スペース「Circular Hub(サーキュラーハブ)」を、2月13日のIKEA港北から展開開始。さらに、春には昨年開業したIKEA原宿、IKEA渋谷に続く第3の都市型店舗であるIKEA新宿の開業が予定されているなど、2021年も日本での積極的な事業展開が行われていく見込みだ。

 しかし、シンプルながらも洗練されたデザインとリーズナブルな価格設定がIKEA商品の魅力としてよく挙げられているが、なかには「クオリティが伴っていない」と利用者から不満の声が上がっている商品も見受けられる。

 そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は今回、そんなIKEAの販売商品をリサーチし、「この春、買ってはいけないIKEAのアイテム」5つをセレクトした。あくまでも調査班の独断で選出したアイテムではあるが、多種多様な商品が並んでいるIKEAで品定めをするときの参考にしていただければ幸いである。

ULLKAKTUS ウルカクトゥス(クッション)/499円(税込、以下同)

IKEA、買うにはリスキーな5商品…甘すぎるグミ、ふたがズレまくるケーブルボックスの画像2

 ソファーの上に寝転がるときの枕代わりや、床に座るときの敷物などで便利なクッション。IKEAのクッションのラインナップは豊富で、多種多様なサイズ、形状のクッションが販売されているのだが、なかには「ULLKAKTUS ウルカクトゥス」のようにクオリティが“イマイチ”だと評価されているものもある。

 幅、長さともに50cmで、総重量が370gのこのクッションは、グレー、グレーターコイズ、ダークブルーグリーン、ホワイト、ライトピンクの5色が取り揃えられている。中素材として使われているポリエステルの柔らかさと弾力が特徴のひとつとされているが、購入者からはこの中素材のボリュームが少ないため、クッション自体が平べったいという指摘もある。

 実際に購入したところ、平べったいとまでは感じないものの四隅など中素材が詰まっていない箇所が多く、使っていくうちに中素材が偏っていってしまった。しかしながら、柔らかい感触と丸ごと洗濯機や乾燥機にかけられる手入れのしやすさは大きな魅力なので、最初から中素材がびっしりと詰まっていないことを念頭に置いて購入すれば失敗しないだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合