【確認中】SnowMan岩本照“暴力行為”の背景…過激化するヤラカシと“平成処女軍団”の悪行の画像1
ジャニーズタレントは長年“ヤラカシ”と呼ばれる悪質なファンに悩まされ続けている。なかには警察沙汰になったケースも珍しくないが…。写真は、東京都港区のジャニーズ事務所。

 3月5日、関ジャニ∞・横山裕の26歳の男性マネージャーにつきまとったとして、都内の28歳の会社員女性がストーカー規制法違反の疑いで警視庁綾瀬署に逮捕され、世間に衝撃が走った。女性は2019年8月にも、Hey! Say! JUMP・中島裕翔につきまとったことからストーカー規制法違反の疑いで警視庁赤坂署に現行犯逮捕されており、ジャニーズファンの間では“ヤラカシ”と呼ばれる悪質なファンとして知られた存在だったという。

 ジャニーズタレントは長年“ヤラカシ”に悩まされ続けている。なかには今回のように警察沙汰になったケースも珍しくないが、それでも新たな被害が続出しているのが現状だ。

「2008~2009年には、Hey! Say! JUMPのヤラカシ集団『平成処女軍団』が、メンバーにつきまとったりほかのファンに危害を加えたりなどしていました。そのため、2019年8月に中島裕翔のヤラカシ女性(前述の会社員女性)が逮捕されたと報じられた際には『平成処女軍団のメンバーでは?』と、古株ファンの間でささやかれていました。『平成処女軍団』が存在していたひと昔前は、ヤラカシとして活動できるかどうかは、ヤラカシ同士のネットワークがあってこそのものでしたが、SNSが発達した現在、検索すればジャニーズタレントの目撃談などがわんさか出てくるため、誰でも気軽にヤラカシになれる環境が整っているともいえるでしょう」(芸能ライター)

 ファンとはいえ、タレントに対して法に反する迷惑行為を働くなど許されることではない。ただ、ヤラカシの行動力には目を見張るものがある。

「Hey! Say! JUMP・岡本圭人は2018年からアメリカの演劇学校に留学し、昨年7月に卒業しましたが、『週刊女性』(主婦と生活社)2019年2月26日号によると、岡本ファンらしき日本人女性たちが演劇学校の前で騒いだり、座り込んだりしていたことがあり、岡本が学校側から『なんとかならないか』と注意されたといいます。

 また、元KAT-TUN・田中聖は、1月16日にYouTubeチャンネルに投稿した動画で、ジャニーズ時代にファンから駅で待ち伏せされたり、自宅までつきまとわれたり、自宅前で一晩中大騒ぎしていたファンにゴミやタバコの吸い殻をポイ捨てされたりというエピソードを告白。さらには、マンションの5階に住んでいた際、なんとベランダにファンが立っていたという驚愕の経験を語り話題となっていました。こうした“行動派”のヤラカシは、そのほとんどが10代女性だといいます。やはり若さと体力がなければ、ここまで大胆な行動はなかなかできないのでしょうし(苦笑)、なかには『未成年だから警察沙汰になっても大ごとにはならない』と考えている者もいるようです」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合