【確認中】「闇営業芸人を呼んであげて」…千原ジュニアが宮迫に突きつけた“男気のジャックナイフ”の画像1
雨上がり決死隊・宮迫博之と千原ジュニアのコラボYouTube対談動画が、再生回数100万回を突破し話題に。犬猿の仲ともいわれている二人が語った内容とは? (画像は千原ジュニア公式YouTubeより)

 人気芸人・千原ジュニア(47)が3月21日、YouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』に出演。芸歴としては1年先輩にあたる雨上がり決死隊の宮迫博之(50)からの出演オファーを千原ジュニアが受ける形で、闇営業騒動以降、初めての共演となった。

 動画内では、ところどころ話しづらそうな宮迫のリアクションと、いまいち噛み合わない2人のトークが垣間見えたが……。お笑い業界に詳しいある放送作家はこう語る。
 
「もともと犬猿の仲といってもいい2人。もちろん宮迫さんが1年先輩なので、ジュニアさんは先輩を立てるというスタンスを取りますが、とにかくお笑いの思想がずっと噛み合わないというのは有名な話です。というのも、千原兄弟は大阪で人気を極めてから東京行きの切符を手にしましたが、宮迫さんはナインティナインらと吉本印天然素材として大阪を経ずして東京でブレイク。そのため、『大阪で勝負しなかったやつの、どこがおもろいねん』という思いが、ジュニアさんには強くあるのでしょう。

 また、動画内でも語られていましたが、ジュニアさんはとにかく宮迫さんの自慢話が耐えられない(笑)。なので、『だったら、どっちが面白いかやりましょうや』とイラ立ってしまうジュニアさんに対し、宮迫さんは『何言うてんねん』とうやむやにしようとする。正直、大喜利でも『すべらない話』でも、『採点されたら絶対に負ける』という確信が宮迫さんにはあるのでしょう。だからこそ、2人は相容れないんです」

「千原ジュニアを神輿に担いでダウンタウンを超えたかった」と語った宮迫博之

 とはいえ、今回の動画で宮迫は『上の世代のダウンタウンに俺ら世代が勝つために、ジュニアを(神輿として)担ごうとしてた』とも明かしている。それはつまり、千原ジュニアの才能を昔から高く評価していたということなのか。

「そうですね。宮迫さんは若手の頃からジュニアさんの才能を高く評価していました。宮迫さんは戦略家ですから、ダウンタウンに雨上がり決死隊だけで勝つのは不可能だと考えていたのでしょう。だから、お笑い偏差値がダントツで高い千原ジュニアを担ぎ出し、自分らの世代がお笑い業界を席巻したいという野望があったのではないか。

 今回の動画でも語られていましたが、天然素材と大阪組とに分かれ、ずっとすれ違い状態が続いていた雨上がり決死隊と千原兄弟。ほぼ同期のこの2組による新番組が決まった際、宮迫さんは『やっとジュニアとがっちり仕事ができる。ジュニアを担いで下剋上の足がかりを作れる』と喜んだといいます。ところが直後にジュニアさんがバイク事故を起こし(2001年)、その番組の企画は消失。結局、そのままジュニアさんを神輿として担ぐ機会を失い、宮迫さんの下剋上は叶わなかったそうです。以後、宮迫さんはずっとそのことを忘れられなかったとか……。

 とまあそんな話がたくさん聞けたこの対談は、お笑い好きには相当評価され、いまもネットで話題になっていますね」(前出・放送作家)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合