JRA桜花賞、白毛のソダシは勝てない?牝馬のスペシャリストが推奨する馬連3点とは?の画像1
今週末の桜花賞に白毛のソダシが登場!

 コントレイルとグランアレグリアの歴史的な対決に沸いた大阪杯(G1)が終わり、今週末はいよいよ3歳牝馬三冠第1戦となる桜花賞(G1)が行われる。このレースの主役は、なんといっても白毛のソダシだ。昨年の日本中央競馬会(JRA)最優秀2歳牝馬であり、白毛馬としてJRAどころか世界で初めて芝の重賞レースを勝利した馬。

 一般的に、突然変異とされる白毛馬は、他の馬より能力が劣るといわれている。もともと頭数もそれほど多くなかったが、これまでJRAでも30頭以上の白毛馬がデビューしたものの、芝の重賞レースを勝利したのは昨年8月のソダシが制した札幌2歳ステークス(G3)が初めてだ。もちろん、アーモンドアイやコントレイルとは違った名馬の誕生はファンにとっても朗報。美しい馬体は緑のターフに映え、その姿は神々しい印象すら与える。

 このソダシを所有する馬主は、ディープインパクトで知られる金子真人氏。東証一部上場企業である株式会社図研の代表取締役会長で、実業家として成功し馬主としても成功。これまでディープインパクトがクラシック三冠を達成、アパパネが牝馬三冠を達成、さらにキングカメハメハやクロフネといった所有馬が見事な活躍を見せている。

 桜花賞ではソダシだけでなく、前哨戦のクイーンカップ(G3)を勝利したアカイトリノムスメも出走。同馬は父がディープインパクトで母がアパパネという、金子オーナーが所有した三冠馬同士の血統、まさに良血中の良血だ。その馬がソダシのライバルとして立ちはだかるのである。

JRA桜花賞、白毛のソダシは勝てない?牝馬のスペシャリストが推奨する馬連3点とは?の画像2
ソダシのライバルとなるアカイトリノムスメ

 さらにもう一頭、ソダシの強力なライバルが出走する。それが昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)で勝ったソダシと僅差の2着だったサトノレイナスだ。同馬はアーモンドアイの国枝栄厩舎が送り出す期待馬。アーモンドアイが引退した後も、サトノレイナスがアーモンドアイ並みの活躍をすると関係者の間で話題になっていたほどの素質馬。そして国枝厩舎には、前述したアカイトリノムスメがいるのだから、なかなか複雑な状況ともいえる。

 ベテランの域に達した吉田隼人騎手が騎乗するソダシ、JRAナンバー1ジョッキーのクリストフ・ルメール騎手が騎乗するサトノレイナス、関東若手トップの横山武史騎手が騎乗するアカイトリノムスメと、まさに三者三様の事情と思惑が絡み合う今年の桜花賞。言い換えれば昨年のデアリングタクト、その前のグランアレグリアやアーモンドアイのような絶対的な中心馬が不在であり、果たしてどんなレースとなるのか、まったく見当がつかない。

 そこで競馬界の三大要素と呼ばれる【馬主・騎手・厩舎】の情報を知り尽くす、競馬界最強のプロフェッショナル集団である「マスターズ」に注目した。マスターズといえば、競馬界を知り尽くす競馬関係者が多数在籍していることで知られている。そのメンバーはあまりにもインパクトが強すぎて、実名を出すことはできないという。

 それほどの大物関係者が全国から競馬情報を集め、それを各方面から裏付けを取り、あらゆる分析を施した最終結論となる買い目を競馬ファンに提供している。その的中精度は凄まじく、今年はすでに50本以上の万馬券を的中させ、重賞レースも11番人気馬が勝利したオーシャンステークス(G3)で、なんと16万8680円という高額万馬券も的中させている。

JRA桜花賞、白毛のソダシは勝てない?牝馬のスペシャリストが推奨する馬連3点とは?の画像3
これが馬券の鍵にもなる競馬界の構造だ

 まさに競馬ファンや競馬マスコミを上回る的中実績と万馬券のオンパレードだ。そのマスターズが次の勝負レースとして照準を定めているのが、桜花賞である。マスターズはこの桜花賞に出走するすべての馬の関係者から、状態・適正・騎乗方法など重要な要素を完全に把握している。しかも、それは一般の競馬ファンは当然、マスコミですらも入手できない本音中の本音ばかり。そんな情報を独占的に把握しているのだから、桜花賞の的中に自信を見せるのは当然だ。今回、偶然にもマスターズに桜花賞の最新情報について話を聞くことができた。

「馬主・騎手・厩舎の3大要素を把握するマスターズでは、すでに今年の3歳牝馬戦線を完全に把握していると言っても過言ではありません。桜花賞の前哨であるクイーンカップ、チューリップ賞、フラワーカップといった重賞レースも的中させていますし、桜花賞に出走する馬主関係者、騎手関係者、厩舎関係者からも、ありとあらゆる情報を把握しています。

 またマスターズには現役時代に数多くの牝馬を手掛けた牝馬のスペシャリスト(元厩務員)も在籍しており、牝馬のレースに関しては他と一線を画しています。実際に昨年の春競馬でも、桜花賞、ヴィクトリアマイル、オークスといった牝馬のG1レースはすべて的中させています。そういった事情からも、この桜花賞はまず外さない、そう言えるほどの手応えを掴んでいます。

 今年はソダシやサトノレイナス、そしてアカイトリノムスメやアールドヴィーヴル、トライアルを制したシゲルピンクルビーやメイケイエール、エリザベスタワーなどかなりハイレベルなメンバーが揃いました。ソダシが阪神ジュベナイルフィリーズを勝利した時とは、明らかにレベルが違います。そしてある状況が揃えば、ソダシが勝つチャンスはゼロという話もあるほど。

 そのなかで今回、我々が辿り着いたのが、馬連3点という厳選買い目。今年の桜花賞でマスターズは、この馬連3点での勝負を、自信を持って推奨します。

 しかも今回はマスターズ特別イベントとして、この桜花賞馬連3点買い目の無料公開を実施します。昨年は桜花賞から安田記念まで行われた春のG1レースで、8戦6勝という成績でした。今年はすでに数多くの勝負情報が届いておりますので、すべてのG1レースはもちろん他のレースでもかなり期待できる状況です。春のG1戦線に向けても、この桜花賞は絶対に外せません。完全無料の特別イベントですので、ぜひこの大勝負にご参加いただければと思います

 一般的に牝馬は繊細でデリケートな性質といわれており、牡馬に比べ好不調の波が激しく、特に春先のフケ(牝馬特有の発情兆候)は、競走能力において非常に厄介な生理現象。一度フケが表れるとレースでまったく力を発揮できないまま惨敗するケースもあり、牡馬より牝馬のほうが不可解な敗戦が多いのは、こういった理由があるという。ゆえに、そういった牝馬の状況を見逃さない“牝馬のスペシャリスト”が存在するマスターズは、桜花賞を含め春競馬で勝負するのに、これ以上ない最適なパートナーといえるだろう。

 またマスターズには多種多様な元競馬関係者のスペシャリストが在籍している。彼らは平場の達人であり、ダートの達人であり、短距離戦や長距離戦、3歳戦の達人など。これほどのメンバーが揃うのだから、ファンや競馬マスコミが敵うはずがない。今週末の桜花賞はもちろん、来週末以降の皐月賞や天皇賞(春)のビッグレースに向け、本気で競馬で勝ちたいならマスターズの情報を活用するのがベストだ。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!桜花賞「馬連3点厳選買い目」】マスターズ

※本稿はPR記事です。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合