ダイソー、買うと後悔する(?)商品5選…ペットボトル加湿器、フック付き布団バサミ

 日本のバブル経済崩壊後に、庶民の頼もしい味方として登場して以来、我々の生活には欠かせない存在となった100円ショップブランド。とりわけ1977年の法人化以降、業界の最前線で活躍している「ダイソー」は店舗数トップの地位をキープし続けている。

 ダイソーは2020年2月末までに日本全国に3493店舗を展開し、世界26の国と地域にも2248店舗も有している。また、その売上高も凄まじく、2020年3月末は5015億円という数字を記録している。

 しかし、勢い衰えぬダイソーの店頭には、魅力的な商品もずらりと並んでいるが、なかにはそのクオリティに少々首を傾げざるを得ない商品も。今年の春も「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は独自調査を敢行。「この春、買ってはいけないダイソーの残念グッズ」を5品選出した。

インフィニティミラーライト パイナップル/550円(税込、以下同)

 おしゃれなバーなどで時折見かけるインフィニティミラー。LEDライトの光が鏡の向こうまで続くような幻想的な効果が特徴で、思わずずっと眺めてしまうような魅力的なインテリアとしてご存知の人もいることだろう。

 ダイソーの「インフィニティミラーライトパイナップル」は、550円という安価でインフィニティミラーの効果を再現できる商品だ。仕組みは意外と簡単で、いわゆる合わせ鏡を光が半分透過するマジックミラーで行い、その間にLEDライトを挟み込むという形になっている。

 電池を入れて稼働させると幻想的な光景を楽しむことができるが、本品に使われているマジックミラーはかなり安っぽく、覗き込むとグニャグニャと歪んでいることがわかるはずだ。しかも、パイナップルを象っていることで鏡の面積が歪(いびつ)になっており、鏡として使うにはかなり無理がある。インテリアとして使うのならまだしも、鏡の機能にも期待を寄せるなら避けたほうがいい商品だろう。

ペットボトル加湿器/330円

 リモートワーク中やオフィスのデスク周りに、ミニ加湿器が欠かせないという人も少なくないはず。そんなときに活躍するという触れ込みなのが、この「ペットボトル加湿器」だ。

 ダイソーのなかでも比較的高価格帯である300円台の商品。空のペットボトルに水道水を注ぎ、そこにUSBで給電した本品を差し込めば、超音波振動でミストが噴霧されるという仕組みである。実際に使用したところしっかりと機能するので、加湿効果的には問題はない。

 だが、気になるのは吸水システムの組み込まれたロッド部分の短さ。500ml、さらには推奨される300mlのペットボトルでもかなりの水分が余ってしまうのだ。さらに言えば、きれいに洗浄した空のペットボトルを自分で用意しなければならない手間がかかるため、これを買うよりは吸水ボトルが内蔵されたタイプのミニ加湿器を買うほうが面倒は少ないかもしれない。

味付けたまごメーカー/110円

 毎日の晩酌のおつまみに最適な味付けたまご。ゆで卵を醤油やみりんとともに漬けておくだけの簡単料理ながら、病みつきになってしまう美味しさが特徴だが、漬け込む際にボウルなどを使うと、ひたひたにするため無駄に調味料を浪費してしまうという不安要素があるのも事実。

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS