NEW

ゾゾタウンで発見!買うと後悔するかもしれない花粉対策グッズ5選…残念なマスク&メガネ

文=清談社
【この記事のキーワード】, , , ,

SANOHATA BRUSH「HORSE Clothes Brush」/6050円

 靴用の手入れブラシが有名な「SANOHATA BRUSH」。ZOZOTOWNでは、SANOHATA BRUSHの衣類用ブラシも販売している。花粉症の人であれば、シーズン中は帰宅時に玄関先で衣類に付いた花粉を払い落とすことが必須だ。その際、衣類専用の手入れブラシがあると、ほこりや汚れも落とすことができるので、おすすめだ。

ゾゾタウンで発見!買うと後悔するかもしれない花粉対策グッズ5選…残念なマスク&メガネの画像5

 しかし、同商品には、花粉も落としてくれるかどうかは明記されていない。つまり、花粉を落とすためのブラシとして買うと、思っていた使用感と違い、後悔することになるかもしれない。

 単にホコリや汚れを落とすだけが目的であれば、使いやすく、衣類にも優しい高品質ブラシなのでおすすめだが、花粉を払い落としたい場合は花粉用のブラシを購入する方が間違いがないだろう。

BRUNO「スタイリングハンディスチーマー」/7150円

 調理家電やインテリアを豊富に取り扱うBRUNOの「スタイリングハンディスチーマー」は、スチーマーとして洋服のシワ伸ばしができるだけでなく、花粉対策にも適している。なんと、花粉などのアレルゲンの除去、さらには家具の除菌・消臭もできるのだ。忙しい朝、花粉シーズン、そしてコロナ禍で除菌が叫ばれる今、大活躍してくれる1台といえよう。1万円以下と価格帯も手頃だ。

ゾゾタウンで発見!買うと後悔するかもしれない花粉対策グッズ5選…残念なマスク&メガネの画像6

 しかし、同商品はハンディとはいうもののコードレスではないので、電源とコードが届く範囲でないと使用できない。玄関先で使う場合や、家具についた花粉を落としたいと思っても、コンセントからの距離の関係で届かない場合もあるのだ。こうした点を考えると、家電量販店でコードレスのスチーマーを購入する方が安全だろう。

 今回紹介した商品はどれも花粉対策としては実力を発揮しない部分もあるが、多機能なアイテムばかりだ。他の用途で使う場合には「買って良かった」と思える可能性もあるので、シーンに合わせてアイテムを選ぼう。

(文=清談社)

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合