朝ドラ『おちょやん』百久利を演じる坂口涼太郎は『エール』にも出演のクセメン俳優の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 戦況が厳しくなり、客足が遠のいた鶴亀家庭劇。こんなときこそ芝居に力を入れたい天海千代(杉咲花)とは反対に、まわりの状況は刻々と変わっていった。3月29日(月)~4月2日(金)のNHK連続テレビ小説『おちょやん』を振り返ろう。

福助と百久利が出兵、鶴亀家庭劇は再出発

 ある日、富川福助(井上拓哉)が栗ようかんを持って天海家を訪れた。千代たちは「何か下心があるのでは?」と疑いながらも昔話に花を咲かせていると、福助は「赤紙が届いた。みつえと一福をよろしく頼む」と頭を下げた。

 その頃、富川みつえ(東野絢香)は岡安に福助のことを伝えに行き、その帰りに岡田シズ(篠原涼子)も同行し、菊(いしのようこ)に岡安を閉めることを報告した。

 岡安の閉店作業を手伝った帰りに、福富楽器店でみつえから「福助に、最後に思い切りトランペットを吹かせてあげたかった」と聞いた千代は、天海一平(成田凌)に相談。他の座員たちには内緒で、ある計画を立てた。

―――

 出兵祝いの後、福助をえびす座に連れて行き、トランペットを吹くよう促した。その音で通報を受けた警察官が駆け込んできたが、高峰ルリ子(明日海りお)たちの発声練習だったとごまかした。すると、他の座員や両家も現れて、急遽、福助のトランペット演奏会が行われた。

 福助を見送った数日後、シズは女中頭のかめ(楠見薫)以外の岡安を辞めていくお茶子たちにお礼を伝え、最後はわざと明るく振る舞って追い出した。

―――

 えびす座と鶴亀座が閉館すると、鶴亀家庭劇は小さな劇場を回るようになった。そんなある日、稽古場で空襲警報が流れ、千代たちは防空壕に。険悪なムードの中で、ひとりの男が「花子やろ?」と話しかけてきた。人違いだと言うと、男は「花子は人ちゃう、昔飼ってた牛や」と返して、まわりは爆笑。2人の即興漫才のおかげで、防空壕は笑いに包まれた。その後、男が漫才師の花車当郎(塚地武雅)だと知ると、千代は笑いの素晴らしさを再確認した。

―――

 須賀廼家千之助(星田英利)の後をついて回っていた須賀廼家百久利(坂口涼太郎)に赤紙が届いた。複雑な顔をする座員たちを前に、涙を隠して明るく出て行く百久利を見て、千代は家庭劇をみんなで守ろうと喝を入れるが、一平は家庭劇の解散を告げる。大山鶴蔵社長(中村鴈治郎)に見限られてしまったのだ。

 千代は泣きながら抗議したが、座員たちは口々に生活苦をこぼしていき、仕方なく解散することに。帰宅後、一平は勝手に解散を決めたことを謝った。

―――

 みつえたちの疎開が近づいたある日、婦人会がトランペットを出せと福助楽器店を訪れた。みつえが鍋やトランペットを質に入れたときの金を差し出すと、「本当に質に入れたのか」と疑われる。みつえはカチンときて「信じられないなら、この包丁で殺してから家探ししろ!」と叫び、福富の名誉のため、お国のためなら、いつでも命を捨てる覚悟があると訴えると、婦人会は帰って行き、みつえたちは何とかごまかせたと胸をなでおろした。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合