NEW

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

 ボリュームも満点で一見、満足度が高そうに思えるのだが、SNS上では「豚角煮の中華風の味付けと牛丼は合わない」といった不満の声が上がっている。

 実食してみると、豚角煮そのものはとろとろで食べ応えがあり美味なのだが、指摘されていた通り、豚角煮と牛肉を合わせて食べることの特別なおいしさなどは感じられなかった。豚角煮は味つけがやや濃いので、それも不調和を生んでいる要因かもしれない。主張が強い中華風豚角煮は、単体で注文する方がおすすめかもしれない。

すき家/まぐろたたき丼(並盛)/590円

 すき家まぐろたたき丼」は、19年5月掲載記事『吉野家・すき家・松屋で今、買ってはいけない“地雷”メニュー6選!高いのにガッカリ!』でもピックアップした商品。2年経てもなおユーザーからの不満点が改善されていないとのことで、今回改めて取り上げた。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像5

「まぐろたたき丼」はすき家で定番の海鮮メニューで、まぐろのたたきのさっぱりとした味と特製だれがかかったご飯との相性が評判の商品だ。しかし、SNS上では「まんまプレート状」「冷凍食品感が強い」という感想が散見されている。

 実際に注文してみると、ご飯の上のまぐろのたたきはフリスビーのような形状をしていてほぐされた様子はない。商品提供までの早さが求められるファストフード店の性質を考えると致し方ないところではあるが、冷凍していたものがそのままのせられているような見た目ではあまりに色気がない。味自体は絶品なだけに、よりいっそう残念な気持ちになる商品と言えるだろう。

松屋/鶏のじゃがバター炒め定食/690円

 次に紹介する松屋「鶏のじゃがバター炒め定食」は、3月9日から登場した新商品。やわらかな鶏もも肉と北海道十勝産のじゃがいもを、国産バターと特製にんにく醤油タレで炒めた商品なのだが、問題は特徴のひとつであるにんにく醤油タレにあるようだ。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像6

 SNS上では「匂いがヤバい」「にんにくがガッツリ入りすぎて、食べた後にマスクするのがキツかった」など、想像以上のにんにくの存在感に驚きと戸惑いが隠せない意見が見受けられる。

 実際に食べてみると、口の中で肉汁が滴る鶏もも肉は美味でご飯が進むのだが、確かににんにくの香りがすさまじい。食後の口臭を考えると、ビジネスパーソンのランチにはおすすめしづらい商品だ。

松屋/厚切り豚焼肉定食/650円

 最後に紹介する松屋の「厚切り豚焼肉定食」は、これまでの「豚肩ロースの豚焼肉定食」が2月23日にリニューアルした商品。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の商品6選!「匂いがヤバい」「冷凍食品感が強い」の画像7

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合