NEW
中山真由美「お片付けで人生を素敵に」

「衣替え」は“捨てる服”の選別を同時に!しまう前の必須作業&便利な収納アイテム

文=中山真由美/整理収納アドバイザー、RittaStanza CEO
【この記事のキーワード】

, ,

(2)処分

 汚れている、黄ばんでいる、着れているなどの衣類は、清く手放しましょう。

「衣替え」は“捨てる服”の選別を同時に!しまう前の必須作業&便利な収納アイテムの画像5

 着ないけど手放せない衣類は、無理に手放すと後から後悔することになります。保管ボックスをつくり(紙袋でもOK)、その中に入れて次の衣替えまで持ち続けてみて。その時のルールは、見直した日付けと見直す日付けを書いておくこと。約半年後に、保管ボックスを開けたら「どうしてこの服が捨てられなかったのか?」「こんな洋服持っていたかしら」という服に変わっていることがあります。気持ちを落ち着かせるためにも、時間を味方につけて上手に手放してください。

「衣替え」は“捨てる服”の選別を同時に!しまう前の必須作業&便利な収納アイテムの画像6

 着ないで持ち続けていることは、洋服を大切にしていることではなく、逆に傷ませる結果につながります。衣替えは、自分が持っているものと向き合う大切な時間です。何をどれだけ持っているのか知ることで、次にどんな衣類を買ったらいいかわかります。似たような洋服ばかり買うことが防げるので、1点1点大切にチェックしてください。

 自分が持っているモノをきちんと把握できていれば、自分が持っている衣類同士でどう合わせられるか楽に考えることもできます。

「衣替え」は“捨てる服”の選別を同時に!しまう前の必須作業&便利な収納アイテムの画像7

 衣替えは、ただしまうことだけではありません。今回お伝えした衣替えの目的を忘れずに、楽しく楽に衣替えをしてオシャレを楽しんでみてくださいね。

(文=中山真由美/整理収納アドバイザー、RittaStanza CEO)

●中山真由美/整理収納アドバイザー、RittaStanza CEO

【保有資格】

整理収納アドバイザー1級

整理収納アドバイザー2級認定講師

企業内整理収納マネージャー認定講師

ファイリングデザイナー1級

心理カウンセラー

生前整理アドバイザー準1級

【著書】

『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』(集英社)

『増やす男と、捨てない女の片づけ術』(小学館)

『いちばんシンプルでわかりやすいお片づけBOOK』(マイナビ)

『幸せを呼ぶ ゆる片づけ習慣』(講談社)

『イラストでよくわかる かんたん片づけ術』(彩図社)

『50歳からのリセット整理術』(集英社)

『捨てられずにいる不用品の「捨てどき」がわかる本』(扶桑社)

『散らからない仕組み』(主婦の友社)

情報提供はこちら
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合