【プロ野球人・木村拓也の原点1】涙で聞いた父の金言、高校時代から“個人よりチーム優先”の画像1
広島カープ時代の木村拓也さん(「Wikipedia」より)

 2010年4月7日、広島大学病院で一人のプロ野球人がくも膜下出血のため息を引き取った。同年、読売巨人軍の1軍内野守備走塁コーチに就任したばかりの木村拓也さん=享年37歳=である。

 1990年オフ、捕手として日本ハムファイターズにドラフト外入団。身長、わずか170cm。出場機会に恵まれず、一度は捕手失格の任意引退扱いになるも、1994年の広島東洋カープ移籍を機にスイッチヒッターへと転向し、投手と一塁手以外のすべての守備にも取り組んだ。このことが、木村さんをして球界屈指のユーティリティプレーヤーにのし上がる下地となる。

 巨人時代(2006~2009年)はリーグ3連覇、7年ぶりの日本一達成にも貢献した。中でも捕手不在の不測の事態で10年ぶりのマスクをかぶり、チームを勝利に導く好リードを見せたことは(2009年9月4日の東京ヤクルトスワローズ戦)、今も語り草になっている。

 一貫してチームプレーに徹したその野球観は、何によって育まれたのか。何よりも、「キムタク」の愛称で親しまれ、誰からも愛されたその人間性は、どこからきているのか。

 木村拓也さんの魅力を、彼の原風景の中からたどる。

ノーヒットの試合後、父親から受けた叱責

 JR宮崎駅から日豊本線で約30分。木村さんが生まれ育った宮崎市田野町は、人口1万2000人ほどの農業地帯。漬物用の干し大根の生産で知られ、農家一戸あたりの生産額も県内一を誇っている。

【プロ野球人・木村拓也の原点1】涙で聞いた父の金言、高校時代から“個人よりチーム優先”の画像2
JR田野駅。木村さんが生まれ育った、のどかな街並みだ

 この長閑な田舎町で育った木村さんに大きな影響を与えたのが、田野町議会の議員を務めていた父・木村茂夫さんである。

「敏捷性や瞬発力を鍛えるためにも、最初は剣道をやらせたかったんです」

 茂夫さんは私に語っている。

「私は剣道の3段を持ち、地元でチビッ子剣士たちを指導していましたが、幼い拓也を連れて行っても、稽古場の外で仲間を集めては野球遊びばかりしている。だから、私も『途中まで剣道で鍛えて、もう少し大きくなったら野球やったらどうや?』と言いました。ところが、拓也がこう言うんです。『お父さんは中途半端な人間はダメだって、いつもそう言っちょるじゃないか』。逆に私の方が息子に言いくるめられてしまって(笑)」

 幼い木村さんは、地元の少年野球チームの練習をいつも眺めては、球拾いも率先して行っていたという。チームには小学校の4年にならなければ入部できなかったが、その熱心さに3年生で入部することができた。

 当時、茂夫さんは町議会の仕事が忙しく、息子とのキャッチボールの時間も満足に取れなかった。ただ、野球を始める上において、強く言い聞かせていたことがあったという。

「拓也が『つよし兄ちゃん』と慕っていた隣の息子さんが、バッティングセンターを経営していて、拓也がまだ幼稚園の頃から、そのバッティングセンターで無料で好きなだけ打たせてくれていたんです。小学校のときなど、帰ってきた拓也が『今日はコイン15枚とか16枚とか打ってきた』などと答えていました。コイン1枚で25球ぐらいですから、400球近くも打たせてもらっていたんですね。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合