生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「ahamo」や「povo」、「LINEMO」など、新規顧客の獲得をめぐってさまざまなキャンペーンを打ち出しているキャリア各社の新プラン。その中でも怒涛の勢いを見せているのが楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」だ。かねてから自社回線エリアの拡大を続けており、夏頃をめどに「自社回線エリアの人口カバー率96%」を目指すことも発表されている。もしこの目標を達成したとなれば、無制限でギガ使い放題の「Rakuten UN-LIMIT」の契約数が増加することも見込まれる。今回は新プランの中でも注目の楽天モバイルの動向について紹介する。

2021年夏までに自社回線エリア人口カバー率96%

 4月1日の日本経済新聞によると、楽天モバイルが京都・大阪の2府、そして宮城・埼玉・新潟・静岡・愛知・滋賀・兵庫・広島・奈良・愛媛・福岡の11県を対象に自社回線による運用への切り替えを進めていることが分かった。もともとKDDIから通信設備を借りてサービス提供を行っていた楽天モバイルだが、KDDIのローミング(相互乗り入れ)打ち切りに伴い、順次自社回線へと切り替えていくという。前述…

続きは【オトナライフ】で読む

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合