生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2020年3月にアメリカのAlpha Exploration社がリリースした音声SNS「Clubhouse」。ラジオのような音声配信サービスという特徴だけでなく、ユーザーが招待制であることや配信履歴が残らないことも新しいSNSとして人気を集め、日本国内でも2021年1月頃からミレニアル世代を中心に大流行した。そんなClubhouseが、さらに新機能を追加しクリエイターを支援していくという。

投げ銭機能でユーザー数を伸ばせるか

Clubhouse(クラブハウス)投げ銭機能投入は過ぎ去りつつあるブームの歯止めになる?の画像1
(Image:Viktollio / Shutterstock.com)
投げ銭機能で送金する側は少額の手数料を支払うことになるという[/caption]

 Clubhouseの新たな機能とは、配信者を応援できるペイメント機能。いわゆる“投げ銭”と呼ばれる機能だ。現在一部のユーザーでこの投げ銭機能のテストが行われ、問題がなければすべてのユーザーに導入予定だという。投げ銭をする方法は、相手のプロフィールをタップし、「Send Money」ボタンを押すだけ。簡単な操作方法からも、導入後には配信ユーザーを応援するファンが積極的に投げ銭機能を利用することが予想できる。

 2021年2月にLINEリサーチが実施し4月に発表された第5回のClubhouseに関する意識調査では、Clubhouseの認知度は70%…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合