マリエの告発がタブー破る、芸能界の“枕営業”の実態…女性タレントがテレビ局員を接待の画像1
マリエのInstagramライブより

 マリエの告発騒動が沈静化しそうにない――。

 モデルのマリエは4日、Instagramライブに動画を投稿。約15年前の18歳の頃に、元タレントの島田紳助さんから枕営業を強要されたと告白。さらに、関係を持ちかけられた飲み会の場に同席していた出川哲郎と「やるせなす」について「18歳の私を帰さなかったの。(紳助さんを)ヨイショヨイショで」と語り、「出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない」などと激しい批判を展開している。

 これを受け出川の所属事務所・マセキ芸能社と「やるせなす」の所属事務所・ワタナベエンターテインメントは9日、コメントを発表し、マリエの発言内容を否定。しかし、マリエは11日にInstagramで「そうですその日の打ち上げでの出来事でした。私は嘘をつきません」と投稿し、改めて自身の発言の正当性を訴えている。

 今回の動画では、マリエが所属するレプロエンタテインメントの対応に関する発言部分も注目されている。マリエは当時、飲み会のあとに「紳助さんの仕事をするか、しないかで追われて、しないって決めた」上でレプロに相談したものの、レプロから「金輪際、仕事来ないけどいい?」「あそこの(テレビ)制作会社と縁切ったら」などと言われ、事務所のスタッフと共に「紳助さんと“ツーツーだった”制作会社」に謝罪に行ったと証言しているのだ。

 当時、マリエと紳助さんとのやりとりを、レプロがどこまで詳細に把握していたのかは定かではなく、当該動画でのマリエの発言を聞く限り、レプロはマリエに紳助との関係を強制したりはしていないとみられる。

 その一方、以前から芸能界における枕営業の存在を指摘する声があったことは事実である。

 たとえば2014年、タレントの小泉麻耶が元所属事務所の幹部から関係を迫られ、警察署に被害届を提出していたと「週刊文春」(文藝春秋)が報道。同じく14年には、某有力芸能事務所が元人気アイドルグループのメンバーを、テレビ局員に対する接待要員として利用していたと複数のメディアで報じられた。さらに13年には、ミス・インターナショナル世界大会グランプリでタレントの吉松育美氏が、某大手芸能事務所幹部から脅迫や業務妨害などを含むストーカー被害に遭っていたとして、この幹部に対し刑事告訴と民事訴訟を起こしている。

芸能事務所とテレビ局の関係

 こうした事例は枚挙に暇がないが、テレビでこの問題に触れられる機会はほぼない。そんななか、芸能界の大御所がテレビ番組内で枕営業の存在を認める貴重な場面もあった。17年10月、『バイキング』(フジテレビ系)に出演した俳優・梅沢富美男は、「枕営業なんていう言葉は、この業界は飛び交う。こんなことは昔からじゃないの。言っていいならしゃべるけど、こんなことやってるヤツなんていっぱいいるよ」と断言。