マリエ告発、所属事務所レプロが対応放棄…メディア対応も拒否、沈黙を貫く異常事態の画像1
マリエのInstagramライブより

 衝撃の告発から10日以上が経過したが、奇妙な沈黙が続いている――。

 モデルのマリエは4日、Instagramライブに動画を投稿。約15年前の18歳の頃に、元タレントの島田紳助さんから枕営業を強要されたと告白。さらに、関係を持ちかけられた飲み会の場に同席していた出川哲郎と「やるせなす」について「18歳の私を帰さなかったの。(紳助さんを)ヨイショヨイショで」と語り、「出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない」などと激しい批判を展開している。

 これを受け出川の所属事務所・マセキ芸能社と「やるせなす」の所属事務所・ワタナベエンターテインメントは9日、コメントを発表し、マリエの発言内容を否定。しかし、マリエは11日にInstagramで「そうですその日の打ち上げでの出来事でした。私は嘘をつきません」と投稿。さらに15日発売の「週刊文春」(文藝春秋)の取材に対しても「私は嘘を言ってない」「インスタも『全部真実です』って言っているので」などと答え、自身の発言の正当性を訴えている。

 今回の騒動について、11日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した松本人志が「ちょっとマリエさんについて」と冒頭で一言触れる場面もみられたが、これ以外、テレビではほぼまったくといっていいほど扱われていない。テレビ局関係者はいう。

「15年以上前の話ですし、紳助さんも今は一般人なので、内容が内容だけに、裏が取れない以上はどこの局も扱えません。さらに、マリエが所属するレプロエンタテインメントに、紳助の元所属事務所である吉本、そしてマセキ、ワタナベエンタという有力芸能事務所4社がかかわってくる話であり、どこの事務所にとってもタッチされたくない話題。局としては、有力事務所との関係悪化というリスクを背負ってまでこのネタを今さらほじくり返したところで、なんのメリットもないですからね」

「金輪際、仕事来ないけどいい?」

 今回の動画では、レプロの対応に関する発言部分も注目されている。マリエは当時、飲み会のあとに「紳助さんの仕事をするか、しないかで追われて、しないって決めた」上でレプロに相談したものの、レプロから「金輪際、仕事来ないけどいい?」「あそこの(テレビ)制作会社と縁切ったら」などと言われ、事務所のスタッフと共に「紳助さんと“ツーツーだった”制作会社」に謝罪に行ったと証言しているのだ。

 当時、マリエと紳助さんとのやりとりを、レプロがどこまで詳細に把握していたのかは定かではないが、本件についてレプロは見解発表などの対応をみせておらず、沈黙を保っている。

「レプロとしては、もし動画での告発内容を否定したり、マリエに発言を控えるよう忠告したりすれば、マリエが“事務所から口封じされた”などと騒ぎ出す事態も考えられる。かといって、マリエを支持する姿勢をみせれば、吉本やマセキ、ワタナベエンタとの関係がこじれかねず、他の所属タレントの仕事にも影響が出かねない。