フジ『大豆田とわ子と三人の元夫』が『カルテット』現象か…絶賛続出、今年1番の傑作の画像1
『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ)の公式サイトより

 4月期の連続テレビドラマが次々とスタートしている。注目作としては、石原さとみの結婚後初主演作となる『恋はDeepに』(日本テレビ系)が初回平均視聴率(世帯)10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、櫻井翔と広瀬すず主演の『ネメシス』(同)が同11.4%と2桁をマークし、北川景子主演の『リコカツ』(TBS系)も好評を博している一方、鈴木亮平と吉岡里帆主演の『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)が第2話で5.1%に沈み苦戦するなど、明暗が分かれている。

 残りは今クール1番の注目作といえる『ドラゴン桜』(TBS系)の初回放送(25日)が待たれるなか、『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系、カンテレ制作)が初回視聴率7.6%と1桁発進となったものの、じわじわと話題を呼んでいる。

 同作は、ドラマ『東京ラブストーリー』や『最高の離婚』を手掛け、今年1月に公開され大ヒットした映画『花束みたいな恋をした』でも知られる坂元裕二氏が脚本を担当するオリジナル原作ドラマ。主演の松たか子、松田龍平と坂元氏は、17年に放送され大ヒットした『カルテット』(TBS系)でもタッグを組んでいる。

“バツ3”の建設会社社長、大豆田とわ子(松たか子)は中学3年生の娘・唄(豊嶋花)と暮らしているが、亡くなった母親のパソコンを開こうとしたところ、パスワードが設定されていることに気づく。唄によれば、別れた夫のうちの誰かが設定したらしく、とわ子は気が進まないながらも、3番目の夫で弁護士の中村慎森(岡田将生)、2番目の夫でファッションカメラマンの佐藤鹿太郎(角田晃広)、そして1番目の夫で脱サラしてレストランオーナーになった田中八作(松田龍平)にコンタクトを取る。

 ある日、徹夜明けでフラフラ状態のとわ子は帰宅途中、工事現場の穴に落ち途方に暮れていると、通りがかりの八作に助けられ、八作の家で久方ぶりのお風呂にありつく。そして八作がつくった「柳川風うどん」を食べると、八作の腿を枕に眠りに落ちてしまう。

 眠りから覚めると、なぜか八作の家に前夫の慎森と鹿太郎がやって来て、“とわ子とは好きで離婚したわけではない”3人は、“とわ子のことを、どう思っているのか”という議題で会議を始める。台所に隠れてそれを聞いていたとわ子は、3人の前に姿を現し、「4回目の結婚あるかなって思います。だけどそれは、あなたたちじゃありません。これから出会う誰かに、網戸直してもらいますから。私、幸せになることを諦めませんので。心配ご無用。案ずるなかれ。お構いなく」と宣言する。