【確認中】アクア3ナンバー化、ランドクルーザーは排気量ダウン…トヨタフルモデルチェンジ最新情報の画像1
今夏までにフルモデルチェンジが予想されているトヨタのアクア。約9年半ぶりの世代交代で、上級モデルへとシフトする予定。画像は現行モデルのアクア特別仕様車。(画像はトヨタ公式サイトより)

 コロナウイルス感染症拡大の影響で、各自動車メーカーの販売台数が伸び悩むなか、トヨタは2021年2月のグローバル販売実績で71万1698台、対前年比109.2%と過去最高を記録。軽自動車を除いた国内販売シェアは51.2%となった。軽自動車を含む国内販売でも5カ月連続の前年超えと、絶好調である。

 この背景には、充実した販売ネットワークに加え、ユーザーが「欲しい!」と思うような商品ラインアップの豊富さにあるのはいうまでもない。2020年も、ヤリス、ヤリスクロス、ハリアーと人気モデルを続々導入。2021年2月の新車販売台数(軽・海外ブランドを除く)では1位のヤリスをはじめ、実にベスト10に8台もランクインしているのだ。

 これだけ販売好調なトヨタだが、商品のラインアップ強化や商品力向上の手を緩めることはまったくないようだ。というのも今回、編集部は、今後のトヨタのフルモデルチェンジをはじめとした商品改良スケジュールの一部を入手した。その一部を紹介してみよう。

 トヨタからは4月5日にGR86が発表されたばかりだが、現在トヨタ車の購入を考えている方は、ぜひとも参考にしていただきたい。

アクアは約9年半ぶりに世代交代、3ナンバーサイズとなり質感向上!

 まず紹介するのは、もっとも大きなトピックスとなりそうなフルモデルチェンジだ。トヨタでは今夏までに、2車種のフルモデルチェンジが予定されている模様。まずはハイブリッドコンパクトカーのアクアだ。

 トヨタのハイブリッド車のラインアップがすでにこれだけ充実しているなか、ハイブリッド専用車が必要なのか……との疑問もあろうが、アクアは約9年半ぶりに世代交代をおこなうよう。ボディは3ナンバーサイズへと拡大し、質感を向上させ上級モデルへとシフトする予定。搭載するハイブリッドシステムは、ヤリスと同じ1.5L直3エンジン+モーターで、駆動方式は従来の2WDに加えて4WDも用意されるとのこと。

 注目の燃費性能は、実走行に近いWLTCモードで35.8km/Lまで延び、現行型より+6km/Lとなる。また、一部グレードには新開発のバイポーラニッケル電池を搭載し、EV走行可能速度域が約50km/hまで拡大するという。これは、“断捨離”して走行性能を高めたヤリスでは小さく、カローラスポーツでは大きい……といったような方にピッタリのクルマになるだろう。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合