NEW
赤石晋一郎「ペンは書くほどに磨かれる」

“女子アナ不倫疑惑”社長失脚の静岡新聞騒動が、大手メディアを震撼させた理由

文=赤石晋一郎/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

“女子アナ不倫疑惑”社長失脚の静岡新聞騒動が、大手メディアを震撼させた理由の画像1
静岡新聞・SBS公式サイトより(現在は当該ページは削除済)

 3月5日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)が報じた静岡新聞のオーナー社長で静岡放送もたばねる大石剛社長(51・当時)と静岡放送・原田亜弥子アナウンサー(40)の“不適切な関係”疑惑。静岡のメディア王のスキャンダルは予想外の反響を呼んだ。

「フライデーのスクープは、週刊誌やネットメディアも後追いする話題のニュースとなりました。なぜ地方メディアのニュースがここまで話題になったのか。フライデーの取材に『撮るんなら1ヶ月くらい見てくんない? いっぱい女がいるからね。俺、そこそこモテるのよ』などと奔放に語った大石氏のキャラクターが大きかった。つまり読んで面白い記事だったからです」(メディア編集者)

 近年、メディアの特権階級ぶりやエリート意識に対する不信が読者層の間で燻っていると言われている。大石氏の奔放な言葉は、そうした不信に拍車をかけるものとなったことも記事が話題となった背景にはあっただろう。もし彼が『広報を通してくれ』とノーコメントでやり過ごしていたら、展開はまた違ったはずだ。記事は地味なスキャンダル記事に終わり、ここまでは話題は広がらなかったはずだ。

 大石氏はフライデー記者を飲みに誘い「俺、田舎の人間だぞ! 田舎の人間追っかけて何が楽しいんだよ」と聞いている。なぜ自分が週刊誌の標的になったのかが不思議でならなかったのだろう。

 記事の背景を分析していくと、“リーク”という結論に行く着くことになる。なぜか。その理由の一つは、写真をバッチリ撮られていたことにある。東京の週刊誌が、土地勘のない地方企業のスキャンダルを取材することは稀だし、ましてや「長期張り込み」をするということはまずありえない。長期間の張り込みを行うのは全国区の有名人であるという条件を満たしたときだけである。

 つまり今回のスキャンダルは、<○○氏と女性がこの日、この場所で会っている>というレベルのピンポイント情報がなければ成立しないものだといえる。大石氏の親しい知人か、静岡新聞もしくは静岡放送の社内からリーク情報がもたらされた、というのが結論となるのだ。

メディア改革とリーク

 実は筆者はフライデー記事が出る直前、大石氏や静岡新聞社員の取材をしたばかりだった。取材では大石氏の主導のもとで行われた全社的な社内改革や、静岡新聞が発表した「イノベーションリポート」の作成経緯などについて話を聞いた。

 マスコミ、特に新聞やテレビの経営数値が悪化していくなか、どの社においても改革は必須事項といえる。そのなかでも新しいチャレンジを始めた静岡新聞の改革には、注目すべき点が多々存在するように思えた。実際に静岡新聞における改革は、試行錯誤の末に「トップダウン改革」から「全社的改革」つまりボトムアップを促すような改革に移行する段階まで来ていた。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合