NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2021年1~3月】

美少女×競馬で大ヒットの「ウマ娘」20世紀の名馬に20代が夢中になる理由

構成=石徹白未亜/ライター
美少女×競馬で大ヒットの「ウマ娘」20世紀の名馬に20代が夢中になる理由の画像1
ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト|Cygames」より

 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠状態だったり、アンインストールしてしまったりしたアプリがある人も多いはずだ。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉を聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。

 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 同社のオウンドメディア「App Ape Lab」編集長の日影耕造氏に、2021年第1四半期(1~3月)のアプリ利用動向をうかがう。今回は、コロナ禍で漫画や動画に押されていた「ゲーム」で久々に出たヒットタイトルについて聞いた。

「ウマ娘」がゲームアプリで久々のヒットに

――21年1~3月に、アプリで何か大きな動きはありましたか?

日影耕造氏(以下、日影) この3カ月は久々にゲームで動きがありました。2月にリリースされた、実在の名馬を美少女キャラクターにした「ウマ娘 プリティーダービー」(以下、ウマ娘)の大ヒットです。

 新型コロナウイルスによる最初の緊急事態宣言が発令された20年4月から20年内にかけては、ゲームにあまり大きな動きはありませんでした。巣ごもり需要で動画や漫画のアプリは大幅に伸びたのですが、それらに比べてゲームは勢いが弱かったのです。

――パズルゲームなど隙間時間に手軽にできるようなゲームならともかく、ある程度やりこむことを前提としているゲームはそういくつもできないですし、そういうゲームをもともとしない人にしてみれば、コロナだからってゲームをやるかと言われても、漫画や動画に比べれば確かにハードルは高いですね。

日影 はい。そんな中で「ウマ娘」は久々に出たヒットゲームです。内容としてはアイドル+競馬+育成+音楽など、いろいろなヒットゲームのおいしいところをうまく持ってきていますね。

「App Ape」の21年3月のゲームMAU(Manthly Active User:月に一度はアプリを起動したユーザー数)ランキングを見ても、「ウマ娘」は「ポケモンGO」「LINE:ディズニー ツムツム」など長期運営の強豪タイトルが占める中で5位に入っており、大健闘と言えます。新規タイトルが初登場で5位圏内に入ったのは、19年9月に「マリオカートツアー」が4位に、「ドラゴンクエストウォーク」が5位になった以来ですので、約1年半ぶりとなります。この1カ月(21年3~4月)の動きを見ても、ユーザー数が倍になっています。なお、図1が「ウマ娘」ユーザーの性年代比です。

美少女×競馬で大ヒットの「ウマ娘」20世紀の名馬に20代が夢中になる理由の画像2
図1

――美少女ゲームなので男女比は納得です。ただ、20代のユーザーが多いのですね。「競馬」という渋いコラボで、かつ「ウマ娘」に出てくるのは往年の名馬が多く、「オグリキャップ」「トウカイテイオー」などは1990年代前半が活躍期ですから、もう少し上の世代が強いのかと思いました。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg
RANKING