NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『めざまし8』『ラヴィット!』の明暗が分かれた理由&テレビ業界内の本当の評価とは?

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

『めざまし8』『ラヴィット!』の明暗が分かれた理由&テレビ業界内の本当の評価とは?の画像1
めざまし8 – フジテレビ」より

 今春は「数十年に一度」と言われるほど、朝8時台の情報番組に大きな動きがあったが、スタートから3週間が過ぎた今、大まかな傾向と業界内の評価が見えてきた。

 MCの交替があった『スッキリ』(日本テレビ系)と『あさイチ』(NHK)は良くも悪くも現状維持である一方、新番組の『めざまし8』(フジテレビ系)と『ラヴィット!』(TBS系)は、この3週間あまり何かと話題を集め続けている。

『めざまし8』は、MCを務める谷原章介と永島優美アナの好感度もあって厳しい声は少なく、「もう何年も見ているみたい」などと早くも受け入れられているようなコメントが目立つ。また、メディアによる批判的な記事もほとんど見られない。

『ラヴィット!』は、大手チェーン店のランキングクイズなどを日替わりで見せる構成と、芸人を集めたキャスティングに批判が続出。メディアも「一人負け」「早くも視聴率1%台」などの酷評記事を連発する厳しいスタートとなった。

 すでに『めざまし8』=順調、『ラヴィット!』=失敗というムードが生まれつつあるが、果たして本当にそうなのか。業界内の声を拾っていくと、必ずしもそうではない様子が伝わってきた。

新番組なのに既視感が強い『めざまし8』

『めざまし8』の「もう何年も見ているみたい」というコメントは決してポジティブな意味だけではなく、「新鮮味がない」「既視感が強い」というネガティブなニュアンスを多分に含んでいる。

 クレバーな谷原は自分の感情や言葉を交えてそつなく進行しているが、メディアやSNSが動きたくなるようなコメントは、ほとんど見られない。そんな手堅い谷原とコンビを組む永島アナも先輩アナらから「まじめすぎる」「もっとくだけても大丈夫」などと言われる人柄であり、生放送番組の魅力であるはずの臨場感や意外性に欠けているのだ。

 つまり、「この2人がMCを務める以上、一定の好感度をキープできる半面、話題を集めることも少ない」ということ。「現在と同等レベルの視聴習慣は定着させられても、そこから上がる可能性は低そう」と見られているのだ。

 視聴率獲得に直結する中高年層は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に囲い込まれ、もともと分母の少ない10~40代はエンタメ路線を爆走する『スッキリ』がつかんでいる。「硬派なニュースから、エンタメ、生活情報までを幅広く扱う」という方針の『めざまし8』は、そんな両番組の間という中途半端な立ち位置であり、業界内で「順調」という声は聞こえてこない。

戦略はいいが志の低い『ラヴィット!』

 一方、『ラヴィット!』は前述したように、セブン-イレブン、西友、ユニクロ、無印良品など、「大手チェーン店のランキングクイズなどを中心に据えた構成を変えない限り、壊滅的に低い視聴率が浮上することはない」と見られている。そもそも大手チェーンのコーナーは自局で放送している『ジョブチューン』などとほとんど変わらず、それを「わざわざ慌ただしい朝に放送している」というだけだ。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING