【完了】マリエ告発に見る、島田紳助が重んじた“一体感”…明石家さんまは共演者と飲みなど行かずの画像1
モデルのマリエ(33歳)。「島田紳助から枕営業を強要された」「その場に同席していた出川哲朗にもけしかけられた」と告発し、話題となっている。(画像は本人公式Instagramライブより)

 4月4日未明、モデルのマリエが自身のインスタグラムでライブ配信をし、「島田紳助から枕営業を強要された」と突然告発し、物議をかもしている一件。ことの真偽はいまだ不明のままだが、天下の「週刊文春」は4月15日発売号でマリエ本人や紳助氏の自宅を直撃。真相に迫ろうとしたのだが……。

 ある週刊誌の記者はことの顛末をこう語る。

「『文春』の追跡記事は、同業の私からすると、『文春』のいつもの切っ先の鋭さから考えると、少々ヌルい内容でしたね。マリエさん本人にしっかり直撃しているのはさすがですが、本人は『全部真実です』と語るのみ。一方の紳助さんのほうは本人は出てこず、“夫人とおぼしき女性”が応対していましたが、その女性も『知りません』の一点張り。また、マリエさんが所属する芸能プロ、レプロエンタテインメントも『担当者が確認中』を繰り返すのみ。つまり、結局なんら事件の真相は明らかにされないままの記事でした。

 マリエさんの告発から記事の入稿まで10日近くもあったわけですから、いつもの文春なら6ページほどの大特集を組んでいてもおかしくない。実際、ネットでは今回の告発騒動は相当話題になっているわけですし、それぐらいのボリュームでやるつもりでいたはずです。それが今回のようにヌルめ2ページになったということは、相当“アンタッチャブルな案件”だったということなんでしょうね」

 それはやはり、芸能界に根強く残る“忖度”ということなのだろうか?

 ある芸能関係者はこう語る。

「まさにそうでしょう。紳助さんはすでに一般人ですし、古巣である吉本興業がわざわざ彼に対し聞き取り調査をするわけもない。レプロもまた、能年玲奈の独立騒動以降、タレントに対して強硬策を取ることで有名となりましたが、こんな“事務所にとって不利な内容”を認めるわけがない。

 紳助さんから枕営業を持ちかけられた際にその場に同席していたとされる出川哲朗さんも大変な状況に追い込まれていますが、所属プロのマセキ芸能社は、『同席していた出川が枕営業をけしかけた』という疑惑に対し、社長名義で声明を出して完全否定。業界内では、『レプロ側からマセキ側に、“枕営業はなかった”と完全否定を貫くから、そちらも否定を貫いてほしい』との“密約”が水面下で交わされた……という噂も駆け巡っていますね。

 一方で、そもそものインスタライブでマリエさんは、かたわらにいた男性にけしかけられて告発しているようにも見え、『マリエは告発本を出す予定があり、その話題作りのための発言だった』という話も出ています。真相はともかく、現時点ではマリエさんが相当不利な状況にあるといえるでしょうね」