NEW

街の花街・遊廓・赤線の跡地を残さないと、敗戦後の庶民の悲惨な生活が忘却される

文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

街の花街・遊廓・赤線の跡地を残さないと、敗戦後の庶民の悲惨な生活が忘却されるの画像2

『花街の引力 東京の三業地、赤線跡を歩く』(三浦展/清談社Publico)

 私は『花街の引力』という本を4月25日に出す。東京という都市は、調べても調べても尽きることのない歴史を持っており、それを調べ続けるのが楽しいのだが、その中でも花街遊廓、赤線跡地といったものは、最も多くの人々の興味を引く場所であろう。私もそういう東京探訪を3年ほどやってきて、40以上の街を歩いてきた。それを本にまとめたのである。

 もちろんこういう本を出すのは、まずもって助平心のためであるが、仮にそれがなくても、都市の歴史を調べるに当たって、これほど多くの事例があり、多様な形態があり、そして生身の人間に関わる場所は他にそうない。

 都市を構成する要素だからといって、八百屋や魚屋を調べようと思っても、そもそもほとんど資料がないし、かつて八百屋があった場所を訪ねて面白いかどうかはわからない。やはり、料亭とか温泉とかの娯楽の場所でないと、興味がわかない。

 三業地、岡場所、赤線地帯などの夜の歓楽街は、江戸・東京の発展と非常に強く関連している。東京が改造され、市域が拡大されていくにしたがって、それらも増加し、地域的にも広がっていったのである。戦前は、海水浴、温泉などの新しい娯楽が生まれるとともに花街が新たにできたし、日本の旧軍隊や工場地帯との関連も密接だ。戦後はもちろん米軍基地との関係がある。

 そういう意味で三業地などを調べることは、近代日本の工業化、軍国主義、戦後の占領、闇市、貧困、女性の性などの歴史を知ることにもつながる。

街の花街・遊廓・赤線の跡地を残さないと、敗戦後の庶民の悲惨な生活が忘却されるの画像3

花街、遊廓には、地域振興の役割があった

 それと重要なのは、今の時代にこんなことを言うのは顰蹙物であるが、花街、遊廓には、地域振興の役割があったという点である。だから、花街、遊廓の周辺には、飲み屋、酒屋、銭湯、呉服屋、染物屋、三味線屋、茶屋、布団屋、たばこ屋、小間物屋、あるいは芝居小屋、寄席、映画館、劇場など、様々な業種の店が揃った。現在は料亭や待合などがなくなった地域でも、周辺の店が残っていることがある。それらを見ると、なぜか私は強い哀切の念を感じる。それはおそらく花街などには、どうしても貧困という問題が絡んでいるからである。

 私は日本の古い映画を見るのが好きでよく見るが、それらの映画の中の女性はだいたい芸妓、娼妓、カフェーの女給、バーのホステス、妾などを演じている。そうでなければ貧乏な家の女房である。女性が自分で働いて稼ぐとなると、今で言う水商売、風俗の世界しかなかったのだ。働かなくていいのは武士か大商人のお嬢様だけ。しかし、お嬢様は自由に好きな相手とは結ばれない。そういう古い映画を見て、その時代・社会に関する本を読むと、映画がまったくのフィクションではなくて、かなり現実を忠実に描いていることがわかる。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合