出川哲郎のマセキ、名誉棄損でマリエへ訴訟も検討か…仕事に影響が出始め、全面対立への画像1
マリエのInstagramライブより

「出川サイドが名誉棄損でマリエに訴訟を起こすことも視野に、具体的な対応の準備に入ったという話が上から下りてきました」(テレビ局関係者)

 モデルのマリエが4日、Instagramライブに動画を投稿し、約15年前の18歳の頃に、元タレントの島田紳助さんから枕営業を強要されたと告白してから2週間が経過した。

 マリエは動画内で、関係を持ちかけられた飲み会の場に同席していた出川哲郎と「やるせなす」について「18歳の私を帰さなかったの。(紳助さんを)ヨイショヨイショで」と語り、「出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない」などと激しい批判を展開していた。

 これを受け出川の所属事務所、マセキ芸能社は9日、

「出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」

とのコメントを発表し、マリエの発言を否定していた。

「出川は自身の冠番組に加え、ワイモバイルや永谷園、フマキラーなど数多くの企業CMにも出演する“超売れっ子”ですが、マリエの告発動画が出た後、出川が起用されていた経済産業省の動画が削除されるなど、仕事にも影響が出始めている。

 訴訟など断固たる措置を取らなければ、出演番組やCMのスポンサーを納得させられないということでしょう。すでにマセキからキー局をはじめ主要マスコミには、内々に通達があった模様。これで、マスコミはこの件を扱うことは控えるでしょう。マリエとマセキが裁判にでもなれば、そのトバッチリを受けかねませんからね」(テレビ局関係者)

 もっとも、現時点でもテレビではほぼまったくといっていいほど、今回の騒動は扱われていない。別のテレビ局関係者はいう。

「15年以上前の話ですし、紳助さんも今は一般人なので、内容が内容だけに、裏が取れない以上はどこの局も扱えません。さらに、マリエが所属するレプロエンタテインメントに、紳助の元所属事務所である吉本、そしてマセキ、(『やるせなす』が所属する)ワタナベエンタという有力芸能事務所4社がかかわってくる話であり、どこの事務所にとってもタッチされたくない話題。局としては、有力事務所との関係悪化というリスクを背負ってまでこのネタを今さらほじくり返したところで、なんのメリットもないですからね」(4月16日付当サイト記事より)

 気になるのはマリエの所属事務所、レプロエンタテインメントの対応だが――。

「レプロは見解発表などもせず“完全黙秘”を貫き、メディアから問い合わせを受けても、無視をするか、事実上のノーコメント。何かアクションを取る気配はありません。マリエが当時レプロに相談したところ『金輪際、仕事来ないけどいい?』などと言われて、紳助と関係の深いテレビ制作会社へ一緒に謝罪に行かされたと証言しているだけに、レプロとしても動きにくいのだと思います。

 ただ、このままだと紳助の元所属事務所である吉本やマセキ、ワタナベエンタとの関係がこじれて、他の所属タレントの仕事にも影響が出かねず、頭が痛いところでしょう」(週刊誌記者)

 今回の騒動、果たしてどんな着地点を見せるのだろうか――。

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合