【完了】阪神タイガース、佐藤輝明と対照的な黒歴史3人…鳴り物入りで入団も、結果残せず退団の画像1
伊藤隼太(「Wikipedia」より)

 阪神タイガースのゴールデンルーキー佐藤輝明のバットが好調だ。4月18日の試合終了時点で打率は2割1分4厘だが、5本塁打をマーク。この5本というのは、ドラフト制後の新人で4月末までの最多本塁打7(2003年の横浜ベイスターズ・村田修一)にあと2本と迫っている状況なのである。

 2020年のドラフト会議で4球団競合の末に阪神入りした佐藤のバットに乗せられるように、チームも首位を走っている。そんな佐藤とは対照的に、ファンにとっては“黒歴史”になっている阪神の大卒ドラ1野手が3人いる。今回はその3人を紹介したい。

的場寛一(的場寛壱)

 1人目は、1999年に九州共立大から逆指名で入団した的場寛一(2000~04年までの登録名は的場寛壱)である。大学時代は強打のショートとして活躍し、福岡六大学リーグで通算78試合に出場。266打数80安打で打率3割1厘、5本塁打、49打点をマークしている。堅実な守備とシュアな打撃が高く評価され、阪神に加えて中日ドラゴンズ、西武(現埼玉西武)ライオンズ、大阪近鉄バファローズの4球団が逆指名枠を争った逸材だった。

 だが、プロ1年目の00年のシーズン途中から何度も左ヒザを故障し、2年続けてオフに手術をするハメになってしまった。1年目も2年目も出場試合はわずか11にとどまり、打率はそれぞれ2割8厘、1割という超低空飛行のありさまだった。

 さらに、手術の影響もあって03年以降は外野手に転向。04年、05年ともに開幕前は当時の岡田彰布監督の秘蔵っ子として期待されたが、04年はわずか2試合に出場したのみ。5打数ノーヒット3三振という数字が残っている。

 そして05年。この年はキャンプから絶好調で貴重な右の外野手として開幕1軍をほぼ手中に収めていた。ところが開幕前の、ある日のオープン戦の試合後に、自らの不注意で右肩を脱臼してしまう。正式な診断は“右肩関節唇損傷”。

 以後は1軍に上がることなく、この年のオフに戦力外通告を受けることとなってしまった。プロ6年間、実働3シーズンで49打数7安打、本塁打は0だった。打点も01年にあげた1打点のみという成績は、入団前に将来を嘱望された期待の大型遊撃手としてはあまりにも寂しすぎる数字というよりほかない。阪神退団後は翌06年に社会人野球のトヨタ自動車に入社。硬式野球部でプレーを続けた。12年に現役を引退している。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合