生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

国内のインテリア業界においてシェア1位を誇るニトリホールディングス。コロナ禍で自宅のテレワーク環境を整えたり、気分転換に模様替えをしたりと、この1年でインテリアの需要がグッと上がったこともあり業績は好調だ。
そんなニトリがファミリーレストラン業界に進出したことはご存知だろうか。ユニクロが花屋、幸楽苑が人材サービスなど。最近では、異業種参入は珍しいことではない。しかし、外出自粛で外食需要が減るいま、なぜニトリは飲食事業に手を出したのだろうか。
今回は、ニトリが何を目指し、どこへ向かっていくのかを考えていきたい。

ニトリダイニング みんなのグリル、強みは圧倒的なリーズナブルさ

 ニトリは2021年3月、東京都足立区のニトリ環七梅島店の敷地内に「ニトリダイニング みんなのグリル」をオープン。店舗は「いきなり!ステーキ」の居抜きで作られており、チキンステーキやハンバーグステーキがメインのメニューとなっている。驚くべきはニトリらしいリーズナブルさ。チキンステーキ(240g)は500円、ハンバーグステーキ(150g)は700円、デザートではラズベリーソースのかかったダッチベイビ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合