NEW

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯の画像1

 いわずと知れたコンビニエンスストア業界最大手の「セブン-イレブン」。1927年にアメリカで誕生し、1973年にセブン-イレブン・ジャパン創業と、日本だけでも半世紀近くの歴史を誇るコンビニチェーンだ。コロナ禍でコンビニ業界自体が打撃を受けるなか、同社の2021年2月の既存店売上高は前年同月比0.7%減にとどまっている。

 さて、外で食事がしづらい今の時勢、セブンで食品を購入して昼食や夕食を済ませるという人もいるだろう。しかし、セブンでは味やコスパに優れた商品も多いが、なかには期待外れな商品もラインナップされている。そこで「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」は、セブンの食品を独自にリサーチし、「この春、買ってはいけない商品」を5つピックアップした。

味噌マヨネーズ増量!野菜スティック/259円(税込、以下同)

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯の画像2

 最初に紹介する「味噌マヨネーズ増量!野菜スティック」は、スティック状の大根、にんじん、きゅうりといった生野菜に、オリジナル味噌マヨネーズが付属している商品だ。

 野菜はフレッシュな食感でシャキッとしていて、味噌マヨネーズも申し分ない美味しさで、ネット上でも「やや太いスティックの食感が良い」「味噌の塩気とマヨネーズの相性が良くて美味しい」と評価されている。

 だが一方で問題視されているのが、コストパフォーマンスの悪さである。259円という価格を考えるとボリュームが少なく、開けると思わずガッカリしてしまうレベル。とはいえ、新鮮な野菜が味わえるなど商品自体のクオリティは高いため、量よりも質を重視する人は購入しても損はしないだろう。

ハッシュポテト/95円

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯の画像3

 次に紹介する「ハッシュポテト」は、20年7月に当サイトで掲載された『セブンイレブン、今買うと後悔する食品5選…うま辛チキン、フライドポテト、牛乳寒天』でも紹介した商品だが、賛否両論のある食品として今回改めて注意したい。

 大きな難点としては、パサパサとした食感になっている冷めた状態の、つくられてから時間がたった商品を購入する確率が高いことが挙げられる。また、運よく揚げたての商品が購入できても味や食感に突出した魅力があるわけではなく、袋から滲み出るほど油がギトギトとしていることも、今ひとつな部分といえるだろう。

 ネット上では「ハンバーガーチェーンのハッシュポテトより油っぽい」といった否定的な感想がある一方で、「これだけで1週間過ごせる」といった感想もあるため、選り好みしやすい商品といえる。100円以下の低価格となっているので、油っぽい食べ物が苦手でなければ一度試してみてもいいかもしれない。

北海道産牛乳使用たっぷりみかんの牛乳寒天/203円

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯の画像4

 続いて紹介する「北海道産牛乳使用たっぷりみかんの牛乳寒天」も、先の「ハッシュポテト」と同じく20年7月掲載の記事で紹介した商品。以前から味の薄さが難点として挙げられていたが、SNS上で「最近味が薄くなって微妙」というような指摘があったため、改めて取り上げさせていただいた。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合