NEW

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio

 実際に食べてみたところ、やはり肝心の牛乳寒天の風味は非常に薄く、ただただ甘ったるい。さらに、ボリュームが多く途中で食べ飽きやすいという問題点もそのままだ。みかんの果肉は相変わらずみずみずしく、量自体もたっぷりなのだが、リピートするほどの魅力は感じられない。

 セブンで牛乳寒天を買い求めるのであれば、一昨年の春に掲載された当サイト記事『セブンイレブン、“感動”品質の「とみ田ラーメン豚骨醤油」「オマール海老のビスク」』で紹介した「牛乳寒天 3個パック」をおすすめしたい。

蒙古タンメン中本辛旨飯/257円

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯の画像5

 これまで激辛すぎて要注意な商品として、セブンと激辛ラーメンで有名な「蒙古タンメン中本」のコラボ商品を何度か取り上げているが、この「蒙古タンメン中本辛旨飯」もそのうちのひとつ。

 この商品は唐辛子がたっぷりと入った辛旨スープで仕上げたカップ飯となっている。購入者からは「辛すぎて薄めてみても無理」「辛いものは好きだけどこれは食べられなかった」といった声が見受けられる。

 実際に食べてみると、別添えとなっている辛旨オイルを入れなくても充分に辛く、食べ進めていくことで激辛を通り越して痛みを感じるレベルにまで到達した。辛さが苦手な人は間違っても「ラーメンは無理でもご飯なら……」と思って手を出してはいけない。逆に、激辛料理を食べるのに自信がある人であれば、手軽に安く激辛飯が味わえるのでこれ以上ないほどピッタリな商品といえるだろう。

ひとくち巻寿司 キンパ風/213円

セブン、ネットで大不評&コスパ悪い商品5選…ひとくちキンパ、中本の辛旨飯の画像6

 最後に紹介するのは、今年2月23日に登場した商品「ひとくち巻寿司 キンパ風」。キンパとは、ごま油や塩で味付けしたご飯と、たくあんや卵などの具材を海苔で巻いた、韓国風の海苔巻きのことで、専門店がオープンするほど現在人気を集めている料理だ。

 この商品の問題点は、コストパフォーマンスにある。商品名の通りひとくちサイズのキンパが入っているのだが、213円でひとくちサイズの小さいキンパが4巻ということを考えると、1巻50円以上というのはかなり割高なイメージを抱く。

 ボリュームの少なさを帳消しにするほど味のクオリティが高ければ問題ないのだが、残念ながらそこまで味については評価されていない。物珍しさで購入するならともかく、ガッツリと食事を摂るべき場面では買い控えたほうが無難だろう。

 今回買ってはいけない商品として選出した5品はあくまで調査班の独断によるもので、取り上げた商品のなかには嗜好が合えばお買い得に感じられるような商品も多い。しかしながら、セブンでは膨大な数の食品が並んでいるため、そのなかでの品定めの参考としてこの記事を利用していただければ幸いである。

(文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

※情報は2021年4月2日現在のものです。

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合