田中みな実、マネージャー潰しで5人交代?深夜に番組Pに電話、事務所内で問題児扱いの画像1
田中みな実写真集【公式】Instagramより

 フリーアナウンサーという枠にとらわれず、モデルや女優など幅広く活躍する田中みな実。4月スタートの連続テレビドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京系)ではアナウンサー役を演じ、主演の吉田羊からは「非の打ち所がない」と絶賛されるなど、女優としてさらなる飛躍が期待されている。

 田中は2014年9月にTBSを退社し、宮根誠司や羽鳥慎一らがいるテイクオフに所属。バラエティー番組のみならず、女優としてドラマに出演したり、モデルとして女性ファッション誌のページを飾ったりとマルチな才能を発揮。昨年12月に発売した写真集『Sincerely yours…』(宝島社)は売上60万部を突破する大ベストセラーとなり話題を呼んだが、昨年8月には数多くの女優を抱える芸能事務所フラームへ移籍した。

 そんな田中にとってネガティブな報道が飛び出している。

 4月10日付「NEWSポストセブン」によれば、前事務所のテイクオフではマネージャーが4回も変わっており、移籍したばかりのフラームでも担当マネージャーが3月末をもって退社。業界内では“マネージャークラッシャー”と呼ばれているというのだ。

 田中を知る業界関係者はいう。

「さすがに、この記事はちょっと盛りすぎですね。担当のマネージャーに強く当たるとか、1日中無視したとか書かれてますが、実際はそこまで“嫌な女”という感じの人ではないです。フラームへ移籍してからは、周りが女優だらけということもあり、いまだに萎縮しているときもあるくらい。そもそも今回フラームを退社した元マネージャーも、田中が移籍する前から退社の方向で話が進んでいましたので。

 田中もテレビで自分の気難しいところをあえてさらけ出してますし、これまで週刊誌にはいろいろ書かれてきたこともあって、慣れている。自身に関する記事を見たときも、『意地悪でしょ〜』と笑い飛ばしてますよ」

 もっとも、田中のテイクオフ所属時代については、こんな話も聞こえてくる。

「本人も、“前事務所ではスタッフを困らせたことが何度かある”と認めているみたいです。あるタレントとの交際を注意されても付き合い続けたり、“女優をやりたいからバラエティーの仕事を減らしたい”と突然宣言したりして、実際テイクオフはお手上げ状態。事務所内で問題児扱いされていた面は否めません。そういった経験から、田中はフラーム社長には過去にテイクオフのスタッフとの間で意見の食い違いがあったことは報告しているようです。

 まあ、単純に田中とテイクオフは“そりが合わなかった”ということなんじゃないですかね。結果的に今の事務所に移籍できてよかったとは思いますけど、田中さん自身、前の事務所に対しては罪悪感というか、気にしている部分はあるみたいです」(業界関係者)

プロ意識の高さの裏返し

 田中といえば、密着取材したテレビ番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)が昨年放送され、話題を呼んだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合