JRA天皇賞、特大万馬券で決着か…本命不在で大混戦、最強の万馬券ハンターが狙う穴馬とはの画像1
空前の大混戦となった天皇賞(春)で勝つのは?

 ゴールデンウィークが始まる今週、各地で新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置や緊急事態宣言が発出されているものの、やはりこの大型連休は何かをして楽しみたいところだ。もちろん、全国各地でさまざまなレジャーが行われるが、変異株が猛威を振るっているコロナ禍では、やはりステイホームで楽しむのが無難だ。

 そんな状況で楽しめるレジャーとしては、この時期特有のビッグレースが続く競馬がベストだろう。ちょうど今週末から日本中央競馬会(JRA)では、6週連続でG1レースが行われる春のG1シーズンに突入。天皇賞・春を皮切りに、NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、優駿牝馬(オークス)、東京優駿(日本ダービー)、安田記念と続いていく。これらのビッグレースこそ、週末を盛り上げる大きな楽しみとなる。

 なかでも今週末に行われる天皇賞は、競馬だけでなく日本のあらゆるスポーツ競技のうちでもっとも歴史と格式のあるレースといって過言ではない。天皇賞が初めて行われたのは、その前身である「エンペラーズカップ」も含めれば、なんと1905年(明治38年)にまで遡る。明治維新を経て日本は日露戦争に突入し、そのなかで良質な軍馬の育成が急務となり、競馬が急速に発展。このエンペラーズカップは後に「帝室御賞典」の名称となり、第二次世界大戦後の中断時期を経て「平和賞」の名前に変更、その後1947年秋から今の「天皇賞」で定着している。

 これほど重厚な歴史を持つ競技は、日本国内においてほかに存在しない。それほどまでの歴史と伝統を兼ね揃えた一戦なのだ。そして優勝した馬主に下賜される天皇盾も天皇賞だけのものであり、多くの関係者がその栄誉を賜るためにこのレースを目指している

 過去にメジロマックイーンやディープインパクト、キタサンブラックなどの実力馬が勝利してきたが、今年は一風変わって混戦模様だ。登録馬17頭のうちG1レースの勝利馬はわずか2頭。それは2016年の日本ダービー馬・マカヒキ、そして2019年の菊花賞馬・ワールドプレミアで、過去1年以内にG1レースを勝利した馬はいないのだ。さらに、1月までは断然の優勝候補だったアリストテレスが、前哨戦の阪神大賞典(G2)で大敗というメンバー構成。この状況からも、今年の天皇賞は間違いなく混戦模様、そして波乱必至と言えるのである。

 裏を返せば、これほど“一獲千金”が見込めるレースもない。ちょうど世の中はゴールデンウィークの最中でもあり、その資金稼ぎに最適なレースともいえる。場合によっては、過去に飛び出した193万馬券のような大波乱もあり得るわけで、ここはテレビで観戦するだけではなく、ぜひ馬券を買って勝負したい。

 だが、そんな万馬券は、誰もが簡単に的中できるわけではない。既存のマスコミでは把握できない関係者の本音や内部情報、そして正確なレースの分析と適切な買い目が噛み合ってこそ、狙って万馬券を的中させることができるのだ。そして当然のことながら、それは一般人や競馬の初心者では、まず到達できない領域といえる。

 そこで、そんな難解なレースで万馬券を狙うための、最強のパートナーを紹介しよう。それは昨年、驚異の119万馬券を筆頭に年間357本もの万馬券を狙って的中させた、最強の万馬券ハンターである「暴露王」だ。この暴露王は、

「万馬券を的中させたいならここしかない。自分で予想をする必要がないんだから、本当に楽」

「ありとあらゆる競馬新聞やスポーツ紙を使ったけど勝てなかった。ダメもとでここを試したら、いきなり10万馬券的中。今までの無駄な時間を取り戻したいよ」

と競馬ファンが絶賛する「最後の駆け込み寺」として知られている。その実力は申し分なく、4月18日に行われた皐月賞(G1)でも、6番人気で3着となったステラヴェローチェを本命に、3連複・2万円の万馬券を的中。その前週も、天皇賞が行われる阪神コースで3連単・11万4030円の10万馬券を的中など、4月18日の時点で今年すでに82本の万馬券的中と、絶好調なのである。

JRA天皇賞、特大万馬券で決着か…本命不在で大混戦、最強の万馬券ハンターが狙う穴馬とはの画像2
119万馬券を狙って的中させる実力に唖然!(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 暴露王の特徴は、一般的なマスコミや競馬ファンとは異なり、人気の馬からではなく、人気薄の穴馬から狙って万馬券を的中させることにある。つまり、それ相応の根拠となる穴馬の激走情報を掴んでいるわけであり、それは既存のマスコミや競馬ファンではまず真似できないもの。そんな暴露王は今週末の天皇賞について、すでに皐月賞に続くG1万馬券の的中に大きな手応えを掴んでいるという。彼らから聞くことができた“天皇賞の裏事情”は以下の通りだ。

「天皇賞は前評判の高い人気上位で決着すると思われがちですが、昨年は11番人気馬が2着、それ以前にも14番人気や12番人気の勝利など、2004年以降でも2桁人気の超穴馬が4頭も勝利と、波乱の多いレースです。

 そして今年はアリストテレスやワールドプレミア、オーソリティ、ディープボンド、牝馬のカレンブーケドールやウインマリリンなどが人気を集めるでしょうが、一発逆転を狙う陣営も多く、波乱の決着が見込める状況です。一部届いている関係者の声を紹介すると、

『三冠馬コントレイルが不在でチャンスは大。秋の天皇賞は強力メンバーで望み薄だけど、この相手なら期待しかない。後先考えず、ここで目一杯の仕上げで勝ちにいくよ。もちろん他の陣営からマークされるのを防ぐために、この件は外部にはオフレコね』

といったように、マスコミには本音を明かさず勝負にいく陣営が何頭もいます。暴露王はそんな陣営の本音を聞き出すことができる、凄腕中の凄腕といえる現役競馬記者と提携。彼らの取材情報はスポーツ紙などには掲載されませんが、我々暴露王を通じて競馬ファンにお届けします。

 そして、ちょうどこの天皇賞も特別企画として、初めて暴露王を利用する方を対象に、天皇賞の3種勝負馬券(馬単・3連複・3連単)の無料提供を実施することになっています。

 2016年の天皇賞・春では、単勝99倍の13番人気・2着カレンミロティックを本命に特大万馬券を的中。そして今年も関連レースの日経新春杯(G2)で11万2200円と10万8870円という10万馬券を的中させましたが、その時と同レベルの自信度にある人気薄激走穴馬を把握済みです。もちろん、かなりの万馬券が期待できます。

JRA天皇賞、特大万馬券で決着か…本命不在で大混戦、最強の万馬券ハンターが狙う穴馬とはの画像3
日経新春杯で的中させた10万馬券以上の高配当も期待!

 マスコミへの情報漏洩を防ぐためレース当日の情報提供となりますが、天皇賞で馬券の購入を検討しているのであれば、ぜひこの情報を参考にしてください

 難解で何を買えばいいのかわからない天皇賞だが、この暴露王の話からも答えは出たといえるだろう。もはや予想で悩む必要はない。暴露王が教えてくれる無料情報を参考にすればいいだけなのだ。

 そして大事なのは、レースは天皇賞だけではないということ。今週末から始まる6週連続G1レースで万馬券を連発させるためにも、この暴露王は最強のパートナーとなるはず。レースが終わってから後悔しても遅い。まずは今週からこの大勝負に参加しよう。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!天皇賞の勝負買い目、馬単・3連複・3連単】暴露王

※本稿はPR記事です。

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合