無印良品を凌駕?ダイソー“300円ショップ”徹底レビュー!圧倒的コスパ&高品質の画像1
ダイソー「Standard Products」

 3月26日、100円ショップ・ダイソーを展開する大創産業が、新ブランド「Standard Products(スタンダード・プロダクツ)」の第1号店を渋谷マークシティに出店した。「ちょっといいのが、ずっといい。」がコンセプトで、大量消費が前提ではなく、長く愛される商品を目指しているという。そのため、使いやすい機能性とスタンダードなデザインをテーマに商品開発している。

 商品価格のメイン層は330円(税込、以下同)で、他には550円、770円、1100円といった価格の商品が展開されている。

 ちなみに大創産業が展開している「THREEPPY(スリーピー)」という300円ショップとはコンセプトが異なる。しかし、Standard Productsの新たなアプローチによりTHREEPPYを含めた300円ショップ市場のさらなる拡大を図り、今後は約1300品のアイテムを取り揃える予定のようだ。

 さて、開店したばかりだが、SNS上ではさっそく「安いのにクオリティが無印良品レベル」と話題になっている。確かに、「使いやすい機能性とスタンダードなデザイン」という言葉から「無印良品」の商品を連想する方は少なくないだろう。

 果たしてStandard Productsは無印のライバルになり得るのだろうか。そこで実際に店舗を訪問し、購入した商品を利用して感想をレポートしてみた。

平皿21cm ブラウン/330円

無印良品を凌駕?ダイソー“300円ショップ”徹底レビュー!圧倒的コスパ&高品質の画像2

 入店してまず目に飛び込んできたのが食器類だ。「和食器・洋食器という垣根をなくす」ことをコンセプトとし、すべてのサイズ規格を尺貫法で統一しており、お皿を重ねた際の美しさが特徴となっている。

 なかでも「平皿21cm ブラウン」は高級感のある色味の磁器で、21cmというサイズながら330円というお値打ち価格となっている。各サイズのお皿を買い揃えて食器棚に入れれば収まりも見栄えもよく、とても一皿330円には見えないお買い得商品といえるだろう。

 また、平皿だけではなく深皿や木目調のプレート、お茶碗の食器もあり、どの商品もシンプルなデザインで高級感がある。ほかにはサイズ別の耐熱ガラスのコップや各種調理器具も並んでいる。ホームページのヘッダー部分には食器類の写真が映されているように、食器類は同ショップのコンセプトの象徴となっているようだ。

吸水マット(抗菌防臭、無地)/330円

無印良品を凌駕?ダイソー“300円ショップ”徹底レビュー!圧倒的コスパ&高品質の画像3

 食器類以外にもバス、トイレ、洗濯に関する生活用品が並ぶ。どの商品もスタイリッシュでシンプルなデザインなのだが、とりわけ「吸水マット(抗菌防臭、無地)」は低価格、高パフォーマンスな商品といえるだろう。

 ポリエステルとナイロンで作られた「吸水マット」は35cm×45cmと20cm×40cmの2つが入っている。無印良品で購入できる綿麻製のバスマット(Sサイズ)は1990円するのだが、肝心の機能性に大差はないと感じられる。

 むしろ吸収性は本品のほうが優秀といえるかもしれない。コストに対するパフォーマンスは高く、おトクといえるだろう。また、サイズの異なる2つがあるのでさまざまな用途で使用できるし、汎用性は高い。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合