井岡一翔「大麻疑惑」、警視庁がマークか…JBCに隠蔽疑惑、検査陽性でも非公表の怪の画像1
井岡一翔公式Instagramより

 日本ボクシング界に疑念と動揺が広がっている。「smartFLASH」(光文社)は4月26日、記事、『【スクープ】覚醒剤成分が検出…井岡一翔「疑惑の尿」がJBCから消えた! 本人は「潔白」訴えるも再検査できない異常事態』を公開。昨年の大みそかに行われた、WBO世界スーパーフライ級1位の田中恒成(25)との防衛戦に8R・TKOで勝利した井岡一翔(32)から“違法薬物”が検出されていた疑惑があるというのだ。

 この話題は「デイリー新潮」(新潮社)でも26日、記事『井岡一翔に「マリファナ」「ドーピング」疑惑 警視庁から事情聴取を受けていた』で報じられた。「smart FLASH」の報道内容をまとめてみる。

 2021年1月7日、大みそかの試合前に井岡から採取された2つの尿検体のうちの1つ、A検体を日本ボクシングコミッション(JBC)がドーピング検査したところ、大麻が検出された。さらに詳しい分析をしたところ、1月19日に覚醒剤または合成麻薬の摂取が疑われる物質が検出された。ところが、JBCから違法薬物が検出されことに関して井岡側に連絡はなかったという。

 また従来、こうしたケースの場合、JBC理事長が倫理委員会を招集し、審議の結果を選手に通知することになっているが、同委員会は開かれなかった。選手に異議があれば、もう一つのB検体で再検査をし、陽性が判明すれば、処分を決定することになっているという。

 3月上旬に警視庁が覚醒剤取締法違反容疑で、JBCの検査機関に冷凍保存されていたB検体を押収。警視庁はJBCに「この件については、捜査を打ち切ることになった』と連絡し、警視庁によりB検体は使い切られたため、JBCの検証も不可能になったのだという。一連の薬物使用疑惑に関して、井岡の代理人弁護士は次のように「FLASH」編集部に回答したという。以下、引用する。

「大麻に関しては、セルフケアに使用していたCBDオイルの成分が検出されたのかもしれないと考えていますが、覚醒剤はまったく身に覚えがなく、試合後に検体がすり替えられた可能性があるとすら考えています。

 B検体を再検査すれば、必ず潔白を証明できるはずだと考えていますが、もしすでに尿検体が残っていないとすれば、井岡にはその機会がありません。一連のJBCの対応は、適正手続きを大きく逸脱しており、JBCに対しては疑念しかありません」(原文ママ、以下同)

 また前出「デイリー新潮」の記事では次のように主張している。引用抜粋する。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合