世界的な競争力を発揮するオルガノ

 突き詰めていえば、安定した水の供給体制が実現するか否かは、世界経済の持続性を左右する。水源の確保にはじまり、工業用水、水道水、純水、超純水の精製と供給や、循環的な水の利用を支える新しい技術やシステムの供給など、水ビジネスの成長余地は急速に拡大しているとの印象を持つ。今後は水ビジネスでの成長を目指すスタートアップ企業も増えるだろう。

 水の精製などに関する技術は、日本のお家芸だ。そのなかでも、成長への期待が高まっているのがオルガノだ。世界的な水ビジネス業界の展開を確認すると、フランスのスエズなど「水メジャー」と呼ばれる欧州の公共プラント大手企業が存在感を発揮してきた。しかし、過去5年程度の株価推移を見ると、オルガノの株価はスエズを上回って推移している。それが意味することは、世界の水ビジネスを取り巻く環境が大きく変化していることだ。ポイントは、オルガノが持つ水の精製技術とシステム面での競争力の高さだ。

 新型コロナウイルスの発生によって世界のデジタル・トランスフォーメーションが加速したことは、半導体需要を押し上げた。その結果としてオルガノの超純水技術への需要も急速に拡大した。現在、深刻な水不足に直面している台湾の半導体業界は同社の技術をより必要としている。台湾のTSMCの生産ラインを各国の家電、IT機器、自動車などの企業が取り合っていることを考えると、オルガノは世界のIT先端技術を支える超純水メーカーとしての立場を確立している。同社の超純水精製技術は、台湾の半導体業界に加え、中国の半導体企業からも必要とされている。米国が半導体生産能力の引き上げを目指していることも同社の収益獲得にプラスに働く可能性がある。

 また、オルガノは超純水精製などを行う装置の円滑な稼働を支えるソリューション事業も強化し、機器の稼働データを分析して故障などを未然に防ぐシステムを提供している。それが、超純水精製技術と相乗効果を発揮し、海外企業の需要獲得につながっている。

重要性高まる循環的な水資源の利用を支える技術開発

 超純水以外の水ビジネスでもオルガノの成長を期待する投資家は多い。コロナ禍によって世界的な産業排水の浄化や、上下水道の整備の必要性も一段と増した。水処理エンジニアリングと水処理の薬品や微酸性電解水などの機能性商品の両面で、世界がオルガノの技術をより必要とし始めている。

 中長期的に、オルガノをはじめとする日本の水関連企業は、水の精製技術とプラントの稼働を支えるシステム(ソリューション)の強化に取り組むことによって、より高い成長を目指すことができるだろう。そのために注目したいのが、水の循環利用を支える技術とシステムの開発だ。その一つとして海水の利用がある。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合