NEW

新田真剣佑、トップコート“事実上クビ”だった…「離婚後に交際・同棲開始」新恋人の存在

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
新田真剣佑、トップコート事実上クビだった…「離婚後に交際・同棲開始」新恋人の存在の画像1
新田真剣佑のInstagramより

 日本を代表するアクションスター・千葉真一を父に持ち、アメリカ・ロサンゼルス出身。千葉の若い頃を彷彿とさせるイケメンで、現在もフジテレビの月9ドラマ『イチケイのカラス』に出演中と、若手俳優のなかでもトップクラスの人気を誇っている新田真剣佑

 そんな新田にスキャンダルが浮上している。先月22日発売の「女性セブン」(小学館)によれば、新田は元子役のAさんと交際中で、Aさんをめぐって人気バンド「ONE OK ROCK」ボーカルのTakaと“絶交”に至ったという。3年ほど前に真剣佑と出会った当時、Aさんには夫がおり、離婚して真剣佑と交際を始めたという。

「『セブン』によれば、Aさんは10代の頃は映画やドラマにも出演していたということですが、名前を聞いてパッと顔が浮かぶほどの有名タレントではなかった。ティーン誌のグラビアなどに、よく出ていました」(業界関係者)

 Aさんについては1月に「女性自身」(光文社)が、真剣佑に“米国同伴”する恋人として報じている。ちょうど念願のハリウッド進出のために所属事務所トップコートを退社して独立すると伝えられていた頃でもあった。

「その頃から真剣佑のスキャンダルがたて続けに出始めたんです」と語るのは芸能事務所幹部だ。

「アメリカ育ちの真剣佑は2014年から、関根勤などが所属する浅井企画に所属して日本で芸能活動を本格化。まずはバラエティ番組などで名前を売り出しました。ところが俳優志望だった真剣佑はドラマや映画に強くない浅井企画を見限り、その後、トップコートに移籍し、俳優としてチャンスを掴むようになりました。

 しかし、アメリカ育ちの真剣佑は金にうるさいところがあり、事務所とのギャラの配分や自身のファンクラブに関することなど、すべて自分に都合のいい条件を飲ませていたんです。この頃には映画『ちはやふる』などが当たり、人気俳優への階段を上り始めていたが、トップコートからすればブレイクしてもほとんど“旨み”がなかった。さらに人気者になってからは遅刻癖など傲慢な態度が目立つようになり、3月の退社もトップコートがさじを投げたかたちだと聞いてます。

 今回の熱愛やワンオクのTakaとの絶交報道でも、内部に精通している人しか知らない話が出ており、真剣佑の独立をよく思っていない業界関係者のリークだとみられています」

事務所も手を焼いていた

 真剣佑といえば、過去にもたびたびプライベートが報じられ、世間を騒がせてきた。2016年には週刊誌「フライデー」(講談社)で、未婚女性との間に子どもがいると報じられ、昨年5月には新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け沖縄県が来県自粛を呼びかけていたなか、俳優の山田孝之や女性ら沖縄旅行を楽しんでいたことが発覚した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合