東山紀之、退所の近藤真彦を公然と批判「すごく薄っぺらい」「たくさんのスタッフが犠牲」の画像1
近藤真彦

 昨年11月に25歳年下の女性との不倫が発覚し活動自粛中だった近藤真彦が、4月30日付で所属していたジャニーズ事務所を退所した。近藤は「この度の一連の騒動におきましては、ファンの皆様、関係者の皆様にご心配ご迷惑をお掛け致しましたこと、お詫び申し上げます」とコメントしており、不倫騒動が退所の原因であることがうかがえる。

 ジャニーズ事務所は「近藤より、これからの人生、自分の責任において芸能とレースの道を歩んでいきたいとの申し出がございましたので、弊社としましては、その意向を尊重し、自身で決めた道へと送り出すことといたしました」と説明。“ジャニーズの長男”の新たな門出に際し背中を押すような言葉を並べているが、他の芸能事務所幹部はいう。

「いわゆる“リストラ”ですよ。(藤島)ジュリー(景子)社長・滝沢(秀明)副社長の新体制になった今のジャニーズにとって、事務所を引っ張っていくべき立場にありながらネームバリューに胡坐をかき、レースのことばかりして、事務所のために働こうとしない近藤は“金食い虫”。あげくに不倫スキャンダルでは、ただのお荷物にすぎないわけです。(創業者の)ジャニー(喜多川元社長)さんがいれば、なんとかしてくれたかもしれませんが、今のジャニーズはタッキーを中心として、King & PrinceやSnow Man、SixTONESなどの若手、さらにはメジャーデビュー前の『美 少年』や『なにわ男子』をはじめとするジャニーズJr.たちの育成、売り出しに心血を注いでいる。

 そういう事務所内部の大きな変革の流れの上に、相次ぐタレントの対処やTOKIOの分社化、V6の解散もあるわけです。相変わらず事務所の経営に尽力することなく、じっと“長男”というポジションで安寧としていた近藤でしたが、活動休止のまま塩漬けにされ、これ以上ジャニーズの看板にしがみついていられないと気づいたのでしょう」

 もっとも、近年の近藤といえば、35周年を迎えた2015年に記念のライブツアーをして『NHK紅白歌合戦』に出た以外では、歌手としても俳優としても目立った活動はしておらず、もっぱら自身が率いるカーレースチームの活動に注力していた。ジャニーズ退所後は、自身が代表を務めるエムケイカンパニーとKONDO RACINGに軸足を置き、レース活動と芸能活動を継続していくという。

「レースを続けるには多額のお金がかかるし、会社スタッフへの給与も払っていかなければならず、芸能活動を続ける必要がある。不倫騒動を起こした以上、ジャニーズに残ったままではそれも難しいということで、やむなく退所したということでしょう。しかし、スキャンダルのイメージが薄れないままジャニーズを離れた近藤に、CMやコンサート、テレビの仕事などが入る可能性は低い。さらに、レース活動のほうもスポンサーがつくのかは疑問で、早晩行き詰まりになるのでは」(テレビ局関係者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合