朝ドラ『おちょやん』生瀬勝久が演じる長澤誠のモデルとは?吉本興業でも活躍した名作家の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 竹井千代(杉咲花)が道頓堀から消えて1年後。天海一平(成田凌)のスキャンダルの影響で鶴亀新喜劇に暗い影が立ち込める一方、NHKでは新しいラジオドラマがスタートしようとしていた。大人気喜劇役者の花車当郎(塚地武雅)が相手役に千代を熱望して女優に復帰させようと奮闘した、4月26日(月)~30日(金)のNHK連続テレビ小説『おちょやん』を振り返ろう。

女優復帰を決意した千代、花籠の送り主は栗子

 ラジオドラマ『お父さんはお人好し』の主演となる夫婦役にはベテラン女優が第一候補となっていたが、当郎は千代を推薦した。しかし、1年前の事件をきっかけに千代は行方知れずに。当郎は「千代を探してほしい」と頼むが、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)は反対する。

 演出助手の桜庭三郎(野村尚平)たちは千代の居場所を突き止めるが、長澤の手前、見つからなかったことにした。しかし、後日行われた会議で長澤の気持ちが変わったため、京都の千代のもとへ足を運び、ラジオドラマ出演を申し込むが、千代は断った。

―――

 1年前、家を飛び出した千代は継母の上田栗子(宮澤エマ)と遭遇する。栗子は、かつて千代にしたことを謝った上で、戦争で両親を亡くして1人になってしまった孫の水野春子(毎田暖乃)の面倒を見てほしいと頼んだ。

 過去の仕打ちを忘れられずに心を閉ざしていた千代だったが、「ほかに行くあてが見つかるまで」という約束で栗子と春子との暮らしが始まった。自分が奉公に出されてからの栗子の生活や抱えていた事情を知り、春子との距離も近くなった千代は自分らしさを取り戻していき、3人で静かに暮らしていたのだ。

―――

 桜庭から千代の居場所を聞いた当郎は京都へ。家に上がり込み、ラジオドラマ出演を頼んだ。何とか千代を復帰させたい当郎と断りたい千代の攻防戦は、まるで漫才のようで、それを見ていた栗子と春子からは笑いがこぼれ、千代は久しぶりに芝居を楽しんだ。

 その日の夜、千代がこれまでの芝居人生を振り返っていると、春子が作文の宿題を手伝ってほしいとやってきた。春子が、緊張するからみんなの前で発表するのが苦手だとこぼすと、千代は大きい声で堂々と発表したら大丈夫だとアドバイスした。

―――

 ラジオドラマの出演依頼は丁重に断ったが、春子からは芝居を見たいと言われ、栗子からは芝居をしてもしなくても千代は千代だと言われ、千代の心は揺れ動いていた。

 そんなときに、長澤がラジオドラマの出演依頼をしに来た。道頓堀の仲間が千代が女優として戻ってくると信じていること、先日の当郎とのやり取りこそが自分の求めていたものだったこと、生きていればおもしろいことが起こるはずだと伝えるには千代が必要だ、と力説したが、千代は「つらかったことを思い出したくない」からと、首を縦に振らなかった。

 その日の夕方、春子が作文の発表に成功したと喜びながら帰ってきた。千代のおかげだ、これからも一緒にいてほしいと言われ、千代は涙を流した。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合