かけるだけで視力が回復?「クボタメガネ」に世界が注目…近視、最悪は失明のリスクの画像1
窪田製薬 HP」より

 ネットで注目された“かけるだけで視力が回復するメガネ”をご存じだろうか。その名前は「クボタメガネ」。初期型プロトタイプが完成したと発表された昨年12月18日以来、一躍脚光を浴びることとなったこのメガネは、遠くのものがハッキリと見えなくなってしまう近視の治療・抑制を目的としたデバイス。これを1日60~90分かけるだけで近視が改善される可能性があるのだという。

 2021年後半の発売を予定しているクボタメガネは、メガネブランドではなく窪田製薬ホールディングス株式会社(以下、窪田製薬)の100%子会社であるクボタビジョン・インクが開発を行っている。

 では、どのような仕組みで近視の治療・抑制を実現させようとしているのか。なぜ製薬会社がメガネの開発・発売に取り組んでいるのか。窪田製薬の代表執行役会長、社長兼最高経営責任者である窪田良氏に話を聞いた。

本当は恐ろしい近視……失明につながる病気と合併することも

 窪田製薬は、製薬の分野で“飲むサングラス”とも言われる目の疾患に対する飲み薬の開発を行っていたという。

「体内に吸収された薬は均等に体中へ分布されてしまい、目の奥にある網膜に届けるためには過剰な量の薬を投与する必要があったため、従来の目の治療には点眼液が使われてきました。

 ですが、私たちはもともと飲み薬の成分が目だけに届く技術の開発を行っていたので、その技術を活かしてスターガルト病という遺伝性疾患の治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の開発に取り組んでいます。

 会社名に“製薬”とありますが、会社の目的としては創業者である私が元眼科医なので、テクノロジーにこだわらず目の治療に関する、世の中から失明をなくすためのソリューションを提供することにあります。ウェアラブル近視デバイスであるクボタメガネもそのひとつですね」(窪田氏)

 ここで気になるのが、なぜ数ある目の病気のなかでも近視に着目し、その治療・抑制に特化したデバイスとしてクボタメガネの開発に着手したのかということだ。

「外で過ごす機会が減って、スマホやパソコンの画面を近い距離で見続ける方が増えたことから、現在近視を患う方が飛躍的に増加していて、2050年には全世界の半分の人間が近視になるともいわれています。近視を若い頃に放置すると、歳を重ねてから緑内障や黄斑変性、網膜剥離、白内障といった、最悪失明に至るようなほかの目の病気に罹るリスクが高まっていくので、早期に根本的な治療を行う必要があります。

 ですからクボタメガネの現段階のターゲットとしては、子どもを想定しています。実は近視の大多数は子どもの頃に起こり、最近の研究では5、6歳から進んでいくと明らかになっているんです。

 一方、子どもの目は成長過程にあるので可塑性が高く、外からの刺激にも反応しやすいので、クボタメガネによる治療・抑制の効果が期待されます。そのため、早期発見・早期治療の観点からも、効果の大きさの観点からも、子どもを最初の対象者としました」(窪田氏)

網膜に良い影響を与える光で目の形を変える画期的な治療法

 万病の元ともなりかねない近視を、成長過程の段階から根治することを目的として開発が進められているクボタメガネ。2、3年ほど前からプロジェクトが始まったというが、どのようなメカニズムで近視の治療・抑制を実現しようとしているのだろうか。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合