生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

4月22日に開催され、大きな話題となったアップルの新製品発表イベント。中でもアップルファンの間のみならず世間の注目を集めたのが紛失防止タグ「AirTag」だ。小さなキーホルダーのような外見で、違和感無く家や車の鍵、財布、かばん等につけることのできるスマートなデザインも好評を博している。しかしそんなAirTagだが調査の結果、多くの人が興味を持ってはいるものの、実際に「買った」という人はまだごく一部であることが判明した。今回は、人気先行で購買につながっていない悲しい実情をお伝えしていきたい。

アップルの新たな挑戦・AirTag

話題となったアップル「AirTag」もしかして失敗!? 販売開始後に訪れた意外すぎる窮地の画像1
(Image:Jack Skeens / Shutterstock.com)
AirTagはiPhoneとともに使用しよう[/caption]

 そもそもAirTagとは、自分の所持品に取り付けることで置き忘れを防いだり、失くしてしまった際にその位置を特定できるというアイテム。探すときにはiPhoneの「探す」アプリを使用して、タグから音を鳴らしたりiPhone上でその位置を表示したりすることができる。その性質から、単に紛失を防ぐだけでなく自転車や傘のような盗難に遭いやすい持ち物に取り付けて、どこにあるかを把握できるようにする、という使い方を想定するユーザーもいるようだ。

 マーケティン…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合