朝ドラ『おちょやん』最終週、離婚後に『桂春団治』に出演した浪花千栄子の恨みとは?の画像1
NHK連続テレビ小説『おちょやん』」より

 ラジオドラマ『お父さんはお人好し』で、12人の子どもを持つ母親役を務めることになった竹井千代(杉咲花)。5月3日(月)~7日(金)放送のNHK連続テレビ小説『おちょやん』では、ラジオドラマ内でも現実でも本当の母親になれるよう努め、着実に女優の道を歩み始めた。

栗子が死去、千代と春子は本当の親子に

『お父さんはお人好し』の第1話は、藤森家の次男・清二の結婚式当日に花嫁が消えてしまうというドタバタ話。全員の息もピッタリ合って物語が進む中、千代は効果音のドラの音を怖がる子役の介抱をしていて出番に遅れてしまい、台本を2ページ丸々飛ばしてしまう。

 出演者や制作スタッフに緊張が走るが、夫役の花車当郎(塚地武雅)のアドリブのおかげで、無事に放送された。その後も好評を得て、半年が過ぎる頃には、千代はすっかり肝っ玉お母ちゃんが板につき、みんなのチヨ子お母ちゃんとして、一躍人気女優となった。

 一方、千代と離婚した天海一平(成田凌)は相変わらず台本が書けないでいた。そんな中、鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)に新えびす座の三周年公演で新作を下ろすように言われ、稽古場に松島寛治(前田旺志郎)を呼び出した。

 一平は、自分はもう限界だと打ち明け、代わりに次の台本を書いてほしいと頼む。すると、寛治は怒りをこらえきれず、つらそうな一平を見て座員たちも苦しんでいる、今の状況から逃げずに自分が抱えていることを脚本にしろ、と叫んだ。そして、それでもダメだったときは引導を渡すと告げた。

―――

 ある日、『お父さんはお人好し』の1時間の特別番組が決まった。その打ち合わせで、五女・静子役の祥子(藤川心優)が「今度は自分が活躍する回にしてほしい」と訴え、会議室に不穏な空気が流れる中、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)が盲腸で入院するという報告が飛び込んできた。

 お見舞いに行った千代は長澤の体を心配するが、長澤は特別番組を無事に放送することだけを考えていた。戦争で傷ついた人を慰めて、もう一度前を向いて歩き出してほしいという気持ちを込めて脚本を書いていることを知り、千代は全力で芝居することを誓った。

―――

 その日、京都の自宅へ戻ると家の前に祥子の姿があった。厳格な家庭に育った祥子は、学校の成績が下がり始め、両親から芝居を辞めろと言われたため、千代に助けを求めに来たのだった。祥子は一晩泊まることになり、千代はなかなか寝付けない祥子に、ちゃんと両親と向き合って自分の思いを伝えるように慰めた。

 次の台本の読み合わせの日、祥子は両親と話し合い、『お父さんはお人好し』が終わるまでは役者を続けることを約束したと報告した。

―――

 長澤の調子は芳しくなく、なかなか台本が完成しない中、特別番組の放送当日を迎えた。

 家を出る前に、上田栗子(宮澤エマ)は再び千代に花籠を渡した。そして、水野春子(毎田暖乃)は間違いなく血のつながった姪であり、これからも守っていってほしいと頼んだ。すると、千代は「血がつながっていようといまいと関係ない。春子は大事な家族やから、一生守る。栗子さんもそうや」と伝えた。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合