JRAオークス、白毛のソダシは買いか?マスコミに載らない常識外れの1点勝負!の画像1
“馬主の大勝負”が今週末のオークスで行われる

白毛のソダシに注目が集まるオークス

 今週末は、春競馬最大の注目G1レースと言っていい、牝馬三冠第2戦・優駿牝馬(オークス)が行われる。その注目の高さの要因は、やはり白毛のアイドル・ソダシだろう。ここまで5戦5勝の無敗、昨年のJRA賞最優秀2歳牝馬であり、牝馬三冠第1戦の桜花賞も見事勝利を果たした。唯一、牝馬三冠挑戦の権利を持っており、このまま勝ち進めば昨年のデアリングタクトに続く無敗の牝馬三冠馬となる。これは日本中央競馬会(JRA)でも稀に見る偉業であり、しかも白毛という希少な馬でここまでの実績を残している馬は、世界中を探しても見当たらない。まさに日本競馬の至宝なのである。

 日本中から関心を集めるこのオークス。誰もが、「見るだけでなく、ぜひ的中させたい」と考えているはず。そんなファンにとって、今まさに“競馬界の奇跡”とも言われている、常識外れの馬券術を紹介しよう。それが「馬主の1点勝負」で数多くの的中を成し遂げている、「トップシークレット」の1点勝負情報である。

 競馬における一点勝負は大正義である。なぜなら多くの資金を必要とせず、多くの払い戻しが得られるからだ。一般的なスポーツ紙や競馬専門紙の競馬記者は、8点前後での勝負が多い。これは1点勝負に対し8倍の購入点数である。仮に均等で購入した場合は8倍の資金が必要で、しかも的中したとしてもその見返りは少ない。

 たとえば、トップシークレットが1点的中を達成した天皇賞(春/G1)を見てみよう。このレースの馬連配当は9.4倍。1点あたり1000円で購入した場合、トップシークレットは1000円の投資で9400円の払い戻しとなり、差額8400円が利益となる。一方、一般的なマスコミの8点だと、8000円の投資で9400円の払い戻し。差額1400円が利益となる。8400円と1400円、どちらが美味しいかは一目瞭然。これは1点1000円で計算しているが5000円であれば、トップシークレットなら4万2000円の利益、マスコミなら7000円の利益と大きな差だ。

JRAオークス、白毛のソダシは買いか?マスコミに載らない常識外れの1点勝負!の画像2
馬連1点的中は本物の情報がなければできない

 以上の例からも、この1点勝負はどれほど価値があるかおわかりいただけるだろう。さらにトップシークレットは天皇賞(春)の前日に行われた青葉賞(G2)でも、馬連10.8倍の1点的中を達成したほか、京都新聞杯(G2)でも1点的中を達成。さらにNHKマイルカップ(G1)では3連単2万1180円の万馬券、天皇賞(春)でも3連単・1万1490円の万馬券、青葉賞でも2万2870円の万馬券など、とにかく当たりに当たりまくっている。このトップシークレットを利用した競馬ファンは「こんな凄い情報は見たことがない!」「やはり1点は儲かる!」と、大満足だったという。

 しかし、なぜ一般的な競馬記者は1点で勝負をしないのだろうか。

 まず根本的な方向性として、マスコミは1点に絞ることを前提としていない。馬券の理想は、資金が少なくても大きな払い戻しが期待できる1点であるにもかかわらずだ。マスコミは、仮に点数が多くても、何人もいる記者の誰かが的中すればそれで読者にアピールできると考えている節がある。つまり、不的中を恐れるがあまり、数多くの点数を公開し的中率を稼いでいるのが現状だ。競馬ファンが求めるのは、どう考えても少ない点数で的中させること。しかし残念ながら、多くの競馬マスコミはその理想とかけ離れているのである。

 では、トップシークレットはなぜ1点勝負なのか。それは彼らが馬主関係者と提携し、“馬主関係者の1点勝負情報”を独占入手できるからである。競馬界におけるピラミッドを見てみると、その頂点には馬主が存在する。彼らは馬券が買える競馬関係者でありながら、厩舎関係者や騎手に対して優位な立場にあることで、さまざまな情報を入手できる。マスコミの取材に対しておざなりな対応をとる厩舎関係者も多いが、彼らは馬主には絶対に逆らえない。なかには馬主によってマスコミ向けの情報が正反対になるケースもあるという。つまり、馬券に直結する競馬情報は馬主関係者の情報なのである。

JRAオークス、白毛のソダシは買いか?マスコミに載らない常識外れの1点勝負!の画像3
競馬界のトップに君臨するのが馬主だ

 その馬主関係者は時に大量の馬券を購入することがあり、数千万円の払い戻しを獲得することもある。その大勝負が「馬主の1点勝負」であり、トップシークレットはそんな勝負情報を独占入手できるのである。これが、トップシークレットが1点的中を達成できる理由なのだ。

 そんなトップシークレットが「次の1点勝負」のターゲットに定めたのが、今週末に行われるオークスなのである。ソダシは買えるのか、それとも意外な馬を狙うのか……、その答えはレース当日までわからない。しかし、天皇賞(春)や青葉賞で1点的中を成功させ、莫大な回収率を記録したトップシークレットが「本気で狙う」のだから、この1点勝負情報がどれほどの意味を持つかおわかりいただけるはずだ。

 なおトップシークレットによれば、このオークスの「馬連完全1点情報」をファンに向けて無料で公開するとのこと。天皇賞(春)やNHKマイルカップで悔しい思いをしたファンや、このオークスで馬券の購入を検討しているのであれば、ぜひこの1点勝負情報を手に入れよう。
(文=編集部)

CLICK→【無料公開!オークス「馬連1点勝負!」】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合