NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

アップルカーが既存の自動車メーカーを駆逐する当然の理由…最大の武器は台湾TSMCだ

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
【この記事のキーワード】

, ,

アップルカーが既存の自動車メーカーを駆逐する当然の理由…最大の武器は台湾TSMCだの画像1
「Apple CarPlay」のサイトより

車載半導体の視点から考えた自動運転EV

 2021年に入った途端に、世界的に車載半導体の供給不足が発覚した。それと同時期に、iPhoneで有名なIT企業のアップルが開発中の自動運転EV(電気自動車)「アップルカー」をどこが製造するかという報道が過熱してきた。

 筆者の専門は半導体産業であるため、当初は車載半導体の供給不足について、調査、分析、考察を行い、いくつかの記事を書いた。最新の記事は、4月21日にEE Times Japanに寄稿した『半導体不足は「ジャストインタイム」が生んだ弊害、TSMCが急所を握る自動運転車』である。

 この間、自動車メーカーと車載半導体について、多くの人たちの意見を聞き、また多くのことを考えた。そしてたどり着いた結論は、現在世間(の一部)を騒がせている「アップルカー」が既存のクルマ産業を駆逐してしまうかもしれないということである。

 本稿では、まず今年に入って「アップルカーは、どこがつくるのか?」という報道が過熱したことを振り返る。次に、2014年から「プロジェクト・タイタン」というコードネームで開発が始まった「アップルカー」のストロングポイントを明らかにする。その上で、「アップルカー」の最強の武器について論じたい。その武器は、既存の自動車産業を破壊するほどの威力を持つと考えている。

アップルカーは、どこがつくるのか?

 ブルームバーグが2021年1月8日、アップルカーを韓国の自動車メーカー、現代自動車(ヒュンダイ)が製造することについて両社が協議中であると報じたアップルと現代がアップルカーの製造を米国で2024年から開始することで合意する見通しのようだとロイターが1月10日に伝えた。

 iPhoneHacksが1月11日、アップルがアップルカーの製造について、メルセデスベンツ、フォルクスワーゲン、ホンダ、フォード、ジャガーランドローバー、吉利汽車とも交渉中であると報じた

 日本経済新聞は2月4日、アップルが日本の自動車メーカー6社に製造を持ち掛けていることを報じた。デイリー・テレグラフは2月9日、英国議員がアップルに、「アップルカーを英国内で製造するように要請した」と報じた

 ブルームバーグが2月11日、アップルカーの製造を請け負うのは、iPhoneの組立を行っているフォックスコン、カナダで自動車のOEM生産を行っているマグナ、最初に名前が挙がった現代グループの起亜自動車、日産自動車、欧州のステランティスの5社が有力候補であると報じている

 そして、コリアタイムスが4月14日、アップルカーについて、韓国のLGとマグナとの合弁会社が製造を請け負う契約が成立目前であると報じている

 このように、アップルカーについては情報が錯綜しており、一体、どこで誰がつくるのかは、今のところ明確ではない。しかし、一つだけ明らかなのは、アップルはiPhoneと同様に、自社で行うのは設計だけであり、製造は委託するということである。

アップルカーのストロングポイント

 アップルは2014年に、自動運転EVの開発を行う「プロジェクト・タイタン」を立ち上げ、そのプロジェクトは今年2021年に7年目に入った。そのリーダーは、アップルのパソコンMacのハードウェアの責任者を務めた後に約5年間のEVで先行する米テスラでの勤務を経て、2019年にアップルに戻ったダグ・フィールド氏だった。

 ところが、アップルが2018年にグーグルの機械学習と検索部門のトップだったジョン・ジャナンドレア氏をスカウトし、2020年12月8日に同氏がプロジェクト・タイタンの新リーダーとなった。そのリーダーのもとで、アップルカーの開発に関わる技術者が約5000人在籍している模様である。プロジェクト・タイタンの経緯を筆者がたどってみたところ、そのストロングポイントは、以下の3点に集約されることがわかった。

1)iPhoneで稼いだキャッシュがうなるほどある。

2)豊富なキャッシュをもとに、優れたタレントを片っ端からスカウトし、ベンチャーを買収している。

3)アップル本社のすぐ近くにテスラがあり、そのテスラが人材供給センターとなっている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合